« 【フランス闘牛】 牛を赦す | Main | 【ラグビー】 Dupuy gagne... une semaine »

2010.01.14

【ラグビー】 アルビトルの特別な週末

デュピュイのサスペンションは、予想はしていたとはいえ、結局24週間→23週間という、なんやそれ的な結果でございました。
それはまたまとめて書くけれど、とりあえず「デュピュイ、1週間を勝ち取る」…とは、すばらしくMerdol*らしい見出しのセンスと言える。トゥールーズ系メディアの偏向報道のことは、そのうち心を込めて書いてさしあげようと心に決めた。
* Midolすなわちミディ・オランピックはうんこであるという意味合いの呼称)


先週末のTop14に話を戻しますと、最近フランスラグビー界未曾有の寒波で延期試合が相次いでいますが、異常気象はこんなところにも問題を生じているというお話。
以下はペルピニャンとアルビで2日連続で笛を吹くことになった、コート・バスク協会所属のレフェリー、Pascal Gaüzère氏の週末のドキュメントです。


「我々は金曜、ペルピニャン×ラシンで審判をすることになっていました。悪天候を考慮して、朝8時45分に出発。16時30分、グラウンドの状態を見にスタジアムに行きましたが、グラウンドは何の心配もありませんでした。
試合は無事行われ、それから我々は雪のためカルカソンヌに泊まった。

翌朝9時頃、ムッシュ・ムネ(注:CCA会長)が、電話でムッシュ・ゴーザン(イル=ド=フランス協会所属のレフェリー)がパリで足止めをくって離陸できない、と知らせてきたのです。ムッシュ・ムネは、"他の解決策を探してはいるが、用意をしておくように"と告げました。

それから11時頃、彼はまた電話してきて、我々に"アルビに行ってくれ"、と言いました。酷い天候だった。唯一通行できる高速道路を時速70キロで走り、我々は無事到着しました(注:キックオフは14時30分)。2日間で2度目の笛を吹くために。
過去私にそんなことがあったかって?一度も!私はそれがTop14の歴史上、もう起きたことがあるかどうかさえ自信がありませんよ」


ようようたどり着き、疲れた体にむち打って審判したアルビ×ブリーヴの試合でしたが、スタジアムは降りしきる雪。なぜ開催を決めたのかとか、判定はまったくもって不公平(byアルビ会長)とか、批判の的になってしまったGaüzère氏。
「このレベルで笛を吹くとき、我々はこのようなシナリオに備えています。それは必要な特性の一部なのです」
大変なお務めなのである。

|

« 【フランス闘牛】 牛を赦す | Main | 【ラグビー】 Dupuy gagne... une semaine »

Comments

Merdolはパリが大好きなんですよね♪

それにしてもサンクション委員会は、本気で喧嘩を売りたいのでしょうか?人をおちょくるにもほどがあります。
昨日の夜、スポーツニュースに電話出演したマックスは、聞くからにご立腹で「こんな形でデュピュイのシーズンは終わったりしない!」と断言していたので、戦いはまだ続きそうですよ。

審判足止め事件は前代未聞でしたね。
ムシュー・ゴーザンの笛がどんなだったか記憶にありませんが、アルビにとってはガウゼールの方がラッキーだったように見えましたよ(笑)結局、負けてしまいましたけど。

Posted by: machvili | 2010.01.15 at 00:44

それにしてもデュピュイへの処分は納得いきませんよ!1週間だけ減らすって?!なんすかそれ!!!全くなめてますよ!(`Д´) ヨーロッパがダメならフランスの国内だけ出場するってことはできないんですか?(そんなことで納得できるわけではありませんが・・・)

Posted by: ナメ | 2010.01.15 at 22:10

machviliさん

これから五輪委員会に訴えるつもりみたいですよね。
マックス、最初の時は落ち着いてたのに、今回は頭にきたんですねえ…これは明らかにERCの挑発でしょ?

なんかもうお金のことさえなければ、欧州カップなんか撤退して、D2も入れて国内カップでもやった方がいいんでないかという気もしてきました…(数多すぎるか)

今回にかぎらず判定の問題でもそうだけど、フランスはメディアがアレだとなかなか抗議の足並みがそろわないですね。

>審判足止め事件は前代未聞でしたね

やっぱりないですよねえ。イル=ド=フランスのレフェリーは長距離移動が多そうで、大変そうではあるけれど…。
ガウゼールさんはフランスではまともな方のレフェリーなのでしょうか?

それとは関係ない話ですけど、このエントリ書くのにレフェリーの所属協会を調べていて、ラグビーは同じ地域のクラブの試合でも笛が吹けるのかー、と思いました。

Posted by: つき | 2010.01.16 at 22:45

ナメさん

よくもここまでイヤミな処分を思いつけるものだと。感服いたしましたよ。
軽減しない方がまだいいくらいで、ラグビーってもう少し敬意のある世界かと思っていたけど…

>ヨーロッパがダメならフランスの国内だけ出場するってことはできないんですか?

今まさにその、Top14にこの処分が適用されないように訴えかけていくつもりらしいですヨ。
23週間はやっぱり重いと思う…。前に師匠がリーグで頭突きかまされて(故意)、眼窩底を骨折したときでさえ、相手の処分はこれほどは重くなかったですもん。

Posted by: つき | 2010.01.16 at 23:10

マックスもやけくそっぽく言ってましたよ、「もうハイネケンカップなんて出なくていい」って(笑)
クラブとしては、ちょっとやってられなくなってきてますからねぇ。稼いであげているのにという意識も強いでしょうし。

ガウゼールはいいですね。わが家ランキングでは、フランスで第二位(ベルドスの次)です。
審判のトップが変わってから、少しずつ改善されているので、あまり文句は言いたくないのですが、サポーターとしては目を疑いたくなるようなことも多々ありますから…。

ある一定のレベル以上になると、たとえばベルドスとかポワットとか国際大会で主審をはる資格のある審判は、地域に関係なく吹けることになっているらしいですよ。

Posted by: machvili | 2010.01.17 at 08:37

ブラン9番は回避したものの、昨夜はボクシスのお茶目さんのおかげで、最後までドキドキの展開が楽しめましたですねcoldsweats01
あれはサウスウェルのプレーも苦しまぎれすぎたのでしょうか…はやく9番問題がなんとかなって、皆さん所定の場所に戻れるといいのですが。

>「もうハイネケンカップなんて出なくていい」

やっぱり…。前に放映権かなにかの問題で、LNRが撤退をにおわせたことがありましたよね。ホントに撤退したらアセるでしょうねぇ、ERC。

>国際大会で主審をはる資格のある審判は、地域に関係なく吹けることになっているらしいですよ

そういうことでしたか、ありがとうございます!そういえば先日のスタッド・フランセ×ビアリッツもベルドスさんでしたね。
サッカーもラグビーも、アンチ・パリジャニズムの笛は…悩ましいです。

ガウゼールさんのレフェリング、こんど注目して見てみます!

Posted by: つき | 2010.01.17 at 22:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47291692

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 アルビトルの特別な週末:

« 【フランス闘牛】 牛を赦す | Main | 【ラグビー】 Dupuy gagne... une semaine »