« ある日の会話 | Main | 【ラグビー】 シックスネイションズの30人 »

2010.01.20

【フランス闘牛】 ハイチのために

セバスティアンのハイチ支援のチャリティ闘牛はスペインでも関心を呼び起こしていて、エル・ムンドは1面を割いて報じました。スペインのカナルプリュスは、この闘牛をライブ中継するかもしれない。

今アンダルシアにいるシモン・カサスが詳しい発表をしたようなので追記すると、昇天祭のコリーダはソロ、つまりセバスティアン1人で6頭の牛に立ち向かう。
カサスはまずこのプランをセバスティアンのアポデラードに伝え、これに深く共鳴したセバスティアンはすぐにOKしたらしい。

牛はそれぞれ異なる牧場から提供され、アフィシュ(ポスター)はボテロが手がける。ま、まさか丸いセバスティアンが…(;´Д`)
彼が着用した光の衣装は、チャリティオークションに出す予定もあるみたい。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

同時にセバスティアンがコミュニケを出してます。ハイチの人々を助けるため、皆さんぜひ1人でも多く観に来てくださいね、そんな内容です。


─何よりもまず、僕はハイチの人々と連帯したい。そして、この大災害で大切な人を亡くしたご家族に、心からお悔やみを申し上げたいと思います。僕はまた、家や財産や生きる術を失ったすべての人達に、励ましのメッセージを送りたい。

アメリカの人々との心の絆から、闘牛士として、そしてこの出来事に戦慄させられた者として、僕はささやかな協力をしたいと思います。キャリアで2度目*、ニームのコロセウムで6頭の牛と闘牛をして。
コリーダの収益の全額が、被災者の支援に充てられるでしょう。

コリーダは5月13日に行われます。というのは、残念なことですが、僕達の援助が必要とされるのは、報道熱が続く間だけではないだろうから。

闘牛場を満員にし、大災害にみまわれたハイチを僕達のできる範囲で助けるよう、できるだけ多くの収益を上げるために、僕はフランスとスペインの全闘牛ファンの連帯に訴えたい。
もう一度、もともと団結している闘牛の世界の人達が、たぶん僕がキャリアで最も打ち込んでいるこの約束の日をすっぽかすことはないだろうと、僕は確信しています。僕にとって、きっと最も重要で、必要な。

どうぞ、よろしくお願いします。─

* 1度目は08年9月20日、7頭を相手に5枚の耳と尻尾を1つ取った)

|

« ある日の会話 | Main | 【ラグビー】 シックスネイションズの30人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47345015

Listed below are links to weblogs that reference 【フランス闘牛】 ハイチのために:

« ある日の会話 | Main | 【ラグビー】 シックスネイションズの30人 »