« 【ラグビー】 クラブの悩み、代表の悩み | Main | 【ラグビー】 アルビトルの特別な週末 »

2010.01.14

【フランス闘牛】 牛を赦す

Manizales, 8 de enero

セバスティアンは先週はコロンビアとメキシコにいました。8日マニサレスで、ラス・ベンタス牧場の疲れを知らぬ牛をインドゥルトし、2頭目で耳を1枚取った。フランスではグラシエ(恩赦された)という言い方をすることもあるし、スペイン語そのままにインドゥルトと言うこともある。

セサル・リンコンがオーナーの牧場らしいけれど、良い牛ぞろいで、この日はエル・フリの3枚も含めて3人で7枚(2枚は象徴)の耳を切った。セバスティアンとフリはリンコンの息子さんと一緒に、肩車で名誉の退場をしました。


Monumental Plaza México 10-ene-10

10日はメキシコシティのモヌメンタル。牛はテオフィロ・ゴメス。セバスティアンのファエナは素晴らしく、誰もがトロフィーを確信したけれど、惜しくも最後の剣に失敗。
高地の首都の凍てつく寒さと、突風が吹く中での闘牛。この日はラファエル・オルテガがグランド・ポルトした耳2枚だけ。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

今月はあと30日にメデリンで闘牛。2月に入ると7日にグアダラハラで、エル・フリ、エル・コンデと。
エル・フリとはここしばらく同じアレーヌで競い合うようにしてやっているような気がするけれど、ライバル意識もあるようで、フリはよくセバスティアンの闘牛をタブラから厳しい表情で見ているのがカメラに抜かれてる。気持ちが前に出るトレロみたいなのね。ちょっと若い頃のマイケル・J・フォックス似、な気がする。

この動画は2006年9月3日のバイヨンヌのフェリア。モランテさんとフリとセバスティアンがグランド・ポルトした時の映像。

|

« 【ラグビー】 クラブの悩み、代表の悩み | Main | 【ラグビー】 アルビトルの特別な週末 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47290818

Listed below are links to weblogs that reference 【フランス闘牛】 牛を赦す:

« 【ラグビー】 クラブの悩み、代表の悩み | Main | 【ラグビー】 アルビトルの特別な週末 »