« 【日記、書道】 型と自由 | Main | 【ラグビー】 今レキップで »

2009.12.18

【ラグビー】 LNR総会で決まったこと

(今日の話の前段は、今年4月のこちらのエントリをご覧ください)


水曜、LNRがルヴォル会長体制になってから初めての年を総括する総会が開かれました。
その中で、いわゆるところのサラリーキャップの、来季における具体的数字が定められました。

2010-2011シーズン、クラブあたりの選手のサラリー総額の上限は800万ユーロ。現状では、どのクラブも来季のサラリー引き下げを強いられることはないであろう数字。これでもプレミアシップあたりよりだいぶん高いってことみたい。
今後、DIC廃止とのかねあいがどうなるかじゃないだろうか。

他方、各クラブに課せられた準備金が、クラブの予算の10%→税引サラリー総額の20%に相当する額に調整された(ってことでいいの?)。予算の4~5%に引き戻すことを意味している、らしい。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

また来季、Top14の各クラブで、"フランスの育成課程出身の選手(いわゆるJiff)が契約選手の少なくとも50%を占めなければならない"という規定が、50%→40%に軽減された。
それから次の2011-2012シーズンには50%(当初の決定では70%)、2012ー2013シーズンには60%という割り当てになります。

Jiffとみなされる選手とはつまり、
21歳までに少なくとも5シーズンFFRの登録選手であった選手 or
16-21歳の間に、承認された育成機関で3年間すごしている選手、です。国籍は問わない。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

それと、リーグの役員の選挙がありました。D2に降格したダックスのAlain Précastaing会長の後任として、ペルピニャンのゴズ会長(33票)が、トゥーロン会長ブジェラル(21票)を抑えて役員会入りしたらしいス。

|

« 【日記、書道】 型と自由 | Main | 【ラグビー】 今レキップで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47052065

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 LNR総会で決まったこと:

« 【日記、書道】 型と自由 | Main | 【ラグビー】 今レキップで »