« 【ラグビー】 日程をめぐる2つの問題(1) マックスとノヴェスの"敵の敵" | Main | 【フランス闘牛】 八月の光 »

2009.12.02

【ラグビー】 日程をめぐる2つの問題(2) Top14の"見えない"敵

モントーバン、ブルゴワン、カストル、スタッド・フランセ、バイヨンヌの後、Top14ではさらに新型インフルエンザが猛威を振るっています。

すでに先週末に予定されていた14節のバイヨンヌ×ペルピニャンは、ペルピニャンの3選手がインフル感染で後日に延期。
今週初めにはアルビで8選手がインフルらしき症状を示し、LNRは日曜開催予定の15節アルビ×ビアリッツについて、今夜か木曜には延期するかどうかを決定する模様です。

さらにブリーヴの何選手かが新型インフルと見られる症状とのことで、15節のもう1カード、土曜のブリーヴ×トゥールーズもまた開催が危ぶまれてます。


代表戦との重複で批判を浴びたばかりの、リーグの過密スケジュール。もしこの2試合が延期されれば、Top14の日程はさらに難問を抱えることになります。

バイヨンヌ×ペルピニャンの延期で生じた放映局カナルプリュスの損失は、9万ユーロと見積もられている。
LNRは、土曜のビッグマッチ、スタッド・フランセ×バイヨンヌ@SDF(16時25分キックオフ)が万が一インフルで中止された場合、カナルプリュスが代わりのカードを放映できるよう、ペルピニャン×モンペリエの開始時間をを14時30分から16時25分に変更したらしい。

|

« 【ラグビー】 日程をめぐる2つの問題(1) マックスとノヴェスの"敵の敵" | Main | 【フランス闘牛】 八月の光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46920205

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 日程をめぐる2つの問題(2) Top14の"見えない"敵:

« 【ラグビー】 日程をめぐる2つの問題(1) マックスとノヴェスの"敵の敵" | Main | 【フランス闘牛】 八月の光 »