« 【ラグビー】 Top14第11節 | Main | 【ラグビー】 本日の物欲 »

2009.11.04

【ラグビー】 アルゼンチン人とEU外枠

【ミエレスの場合】

フランスのスポーツファンは概して南米選手のmagiaが大好きですが、スタッド・フランセのミエレス(22歳)がクレルモン戦でパリジャンとしてデビュー、というニュースの扱いを見るにつけ、彼はやはり期待されてる選手なのねーと思う。

ミエレスは08年春に数ヶ月レスターのアカデミアに加わった後、次の08-09シーズンに向けてレスターから良いオファーも提示されたけれど、どれくらい試合に出られるか熟考しているうちにスタッド・フランセから話が来た。
同じブエノスアイレス出身で元デポルティーバ・フランセサのロンセロが電話してきて、スタッド・フランセがおまえと契約したがってるよ、と言った。それからマックスに会って話し合ったんだ…みたいな話(たぶん)を、ミエレスは本国のRUGBY FUNにしています。

しかしEUのパスポートを持っていないミエレスは、すでにEU(EC)外枠がいっぱいのスタッド・フランセではやはり出場機会がなかった。
そこでスタッド・フランセは、2月にダン・カーターが離脱したペルピニャンに彼をジョーカー(フランスには怪我人などが出た場合、移籍期間外でも条件付きで補強できる制度があるのです)としてレンタル。でもすぐに怪我をして、あまり目立った活躍はできなかったように記憶してる…

ともかく帰ってきてくれて嬉しい。頑張ってね。


【Fコンテポーミの場合】

かように欧州でプレーする外国人選手にとってEU外枠は大きな足かせですが、それとは別に火曜、トゥーロンがジョーカーとしてビアリッツの元フランスU-21代表SH、Fabien Cibrayとシーズン末までの契約を交わし、代わりにオーストラリア人SHヘンジャックがクラブを出ることになるだろう、というニュースが伝えられてました。
まず、あーコンテポーミ、イタリア国籍取れてないんかいなと。

この話の前段はこのエントリ。トゥーロンのEU外枠はフェルナンデス・ロベとヘンジャックですでにいっぱいで、ヘンジャックはアルゼンチン人のコンテポーミに枠を空けるために、近々クラブを去るだろう、と。
膝に重傷を負っていたコンテポーミは、11月のスタッド・マイヨールデビューのために、外国人選手とみなされないようイタリアのパスポートを取得しようとしていた。レキップは、このゴタゴタはコンテポーミが彼のイタリアのオリジンを証明できなかったことによる、と見ているようです。

「うちのひいおじいさんのいとこの奥さんの親友がイタリア人で…」、「他人やんけ!」とまあ、それは極端なたとえ話だけど、ジャーナリストは「イタリアのパスポート、南米選手」とそろえばダイレクトにパスポート不正発行を連想してしまう人達なのであり、今回の一連の報道もなんだか妙な雰囲気だった。
ブジェラルがわざわざ「"正式な"パスポート」という言い方をしていたのも、そのへんの背景によると思われる。

|

« 【ラグビー】 Top14第11節 | Main | 【ラグビー】 本日の物欲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46670385

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 アルゼンチン人とEU外枠:

« 【ラグビー】 Top14第11節 | Main | 【ラグビー】 本日の物欲 »