« 【ラグビー】 シャバルとオールブラックス | Main | 【ラグビー】 再び、数字で見る試合 »

2009.11.28

【ラグビー】 ダン・カーターの"第二の故郷"

今日のテストマッチは、あのダン・カーターがフランスに帰ってくるという試合でもある。なにしろフランスのラグビーファンは、彼の負傷でTop14でのプレーを5試合しか見られなかった。メディアの注目も、やはりそこ。

対戦を前にカーターについて質問されたフランス代表は、口々に彼への賛辞を贈っています。昨季USAPでカーターと共にプレーしたマルティは、彼の弱点を訊かれて、「知らないな。彼は完璧な選手だよ。彼の最も優れたところは、対戦相手のプレーの分析眼だ。彼は相手の最小のミスにもつけこんでくるだろう。僕にとって彼には弱点はない」

先週末のイングランド戦でブラックスの得点記録を更新したというカーターの復調に対し、マルティはさらに、
「率直に言って、あれほどの怪我の後では驚くべきことだ。それは彼が偉大な選手であると同時に、努力家であることも示してる。おまけにサンパだ。いいやつだよ」


一方のカーターも、「僕がクラブで戦った選手達や、一緒にプレーしたやつらと対戦するのが待ちきれない」、と再会を心待ちにしている様子。
「フランスは僕のキャリアの1つの転機だった。ペルピニャンは真のカルチャーショックだった。僕には本当に何か違う体験をする必要があったんだ。たちまち魅了されたよ」

「本当に楽しかったから、僕はフランスが第二の祖国だと思いたいな」*

彼にとってもブラックスにとっても、この試合はシーズンの大きな挑戦の1つだという。名誉か、それとも棺桶に釘を打って終るか…
マルティについて訊かれて、カーターは笑いながら、「ダヴィドは僕の友達だけど、土曜の80分間、彼は僕の敵だよ」。そしてきっぱりと、「僕達は彼らをリスペクトしている。でも恐れてはいない」


*レキップがUSAPの選手達に、この機会にカーターに何か質問してください、という企画をやったらしい。これはSHデュランの、君はちょっとフランス人になったような気がしてる?という質問についての答え。

Testmatchabs

|

« 【ラグビー】 シャバルとオールブラックス | Main | 【ラグビー】 再び、数字で見る試合 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46872703

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 ダン・カーターの"第二の故郷":

« 【ラグビー】 シャバルとオールブラックス | Main | 【ラグビー】 再び、数字で見る試合 »