« 【ラグビー】 渦中のおっさん | Main | 【ラグビー】 サモア戦の23人 »

2009.11.15

【ラグビー、音楽】 国歌をめぐる論争

(注: ワタクシ長年のヘタ歌唱愛好のせいで、今ではジャストな音程の方が気持ち悪い体質になっています。ご了承の上お読みください)


「ヘタはメタである」が持論の私ですが、南ア国歌のレゲエのおっさんことラス・ドゥミサニ氏、「国歌とは何か」というファンダメンタルな問いにまで至る興味深く衝撃的な歌唱を聴かせてくれました。

フランス×南アの国歌斉唱で、深夜なのでTVの音量を落としていた私が、思わず音量を上げてしまったのは本当です。これは基本的に、異なる様式の衝突によるハプニングであろう、というのがその時の私の印象でございました。しかしそれをミスマッチといっていいものかどうかは分かりません。
たしかに高音部は相当やばかったが(そこに一抹のソウルを感じないでもなかった)、「ある意味これもアリだな」と思ってしまったからです。
そもそも私はスマ○プが君が代を独唱する日本国の国民なので、そのへんは寛容です。


それはともかく。
金曜の試合後の会見で、ボクスのデヴィリアス監督は開口一番、「南アフリカの国歌がリスペクトされなかった」と非難したわけなのだけど、実際、ラス氏は南アのダーバン出身のレゲエミュージシャンだった。
ジョー・マゾによれば、彼を推薦したのはそもそもフランスの南アフリカ大使館らしい。我々は他国代表を迎えるたびに大使館に人選を依頼しているのであり、今回も大使館のチョイスを尊重しただけである、と。

ラス氏自身は、彼の魂の国歌斉唱に絶対の自信を持っています。
「誰も私に不愉快だなどとは言わなかった。実際私に会いに来て、本当にいい歌だったと言った人もいた。スタジアムの誰もが、私はうまく歌ったと言ってくれた。試合の後でもね。私は南アフリカの最も偉大なレゲエマンだ。スプリングボクスは私のチームであり、"神よ、アフリカに祝福を"は子供の頃から私の曲だ。どうして私が歌詞を知っていてはいけないんだね?人の好みはそれそれだ。我々は全員を満足させることはできなかったが、大多数の人々は私の音楽をベリー・グッドだと思っている」


呆然とした表情で、「…俺の耳の方か?」と耳をほじるバーガー選手。一方で、07ワールドカップの時に1人でジョニー・クレッグのコンサートを観に行き感動したというハバナ君は、笑いがこらえきれない顔。

まあいずれにしてもフランスはああいう社会なので、そもそもフランスのスポーツはレイシズムにはものすごく敏感なのですよ。あとは南アの国内問題ということでよろしく。


最後に私の愛する小林旭の『熱き心に』、素晴らしきシャープ唱法をどぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=HJ7-_w9rrXQ

|

« 【ラグビー】 渦中のおっさん | Main | 【ラグビー】 サモア戦の23人 »

Comments

つきさん
レゲエの人が歌ったといる国歌も含めて、試合見たかったです!!!(Live streamingもいろいろ探してみたのですが、どうもうまくいかなくて・・・・来週のサモア戦までにはなんとか探したいものです)
どんな試合展開だったかもあとでぜひ教えてください。

昨日Euro Sportsで「フランスバーバリアンズvsヨーロッパ15」なるまか不思議な試合が行われておりました。Top14で活躍している代表以外のフランス人選手が出てたんですが、ユニフォームはおそろなのに、ソックスはTop14の自チームのものを履いてました。
それにしてもずいぶん大きなスタジアム(ブリュッセル?)だったのですが、観客は少ないし、センターラインには明らかにサッカー用の円が描かれたままだし、サッカーの試合のごみだか枯れ葉だかがグランド中に散乱してるし・・・・Friendly Matchってタイトルではありましたが、ヤシュビリとかペルピジャンのFBとか結構レギュラーメンが出てたのに・・なんだか悲しくなるような環境でした。
ちなみにこちらの曲はベートーベン第9でした!

今晩のIreland vs Australiaも結構楽しみにしています。 


Posted by: ナメ | 2009.11.15 at 20:33

小生もあまりに感動したので、YouTube検索したら、あ、ありました。そのタイトルも…
Springboks Anthem smashed by A Rasta in Toulouse for France

http://www.youtube.com/watch?v=04DVHw1zUhs

何度聞いても、やっぱり凄いっす。

Posted by: neuron | 2009.11.15 at 22:17

ナメさん

勝った時って意外と書くことがなくて…。フランスにとってはすごくいい試合でした。どちらがボクスかというくらい、フランスはコンバットで勝ってたです。
プレイスキックのミスがなかったら、もう少し点差がついていたかもしれません。

パラは残り15分くらいで出てきたんですが、20メートルくらいのごく簡単なPGを外してしまって。風もあったんですが、蹴る前にボールがティーから落ちてしまったり、それで師匠がボールを支えてあげたり…ちょっと動揺しちゃったかなと。でもボールの横に師匠の顔があったら、これは蹴りにくいですわ…
その後のPGは決めました!

サモア戦は私もネット観戦です。ライブストリーミングはまあ違法でもあるし、回線も込みがちなので、ここでお話しするのは気が引けてしまってスミマセン…
私も大して詳しいことは知らないのですが、もしよろしければメールで…
あとでサイドバーの上のaboutのところにメアドのせときます。

>ずいぶん大きなスタジアム(ブリュッセル?)

スタッド・ロワ・ボードゥアンかな?スタッド・フランセは来月ここでハイネケンカップのホーム戦をやりますよー。
ブリュッセル市の招致らしいんですけど、ラグビーに力を入れたいんでしょうかね。でもそんな状態なんですか、不安だなあ…

Posted by: つき | 2009.11.16 at 13:28

つきさん
ご配慮ありがとうございます。
お言葉に甘えさせていただきました。

neuronさん
ありがとうございました。
早速見させて(聞かせて?)いただきました。いやはや・・・・すごい! 吹き出しにも笑わせてもらいました。

Posted by: ナメ | 2009.11.16 at 20:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46767076

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー、音楽】 国歌をめぐる論争:

« 【ラグビー】 渦中のおっさん | Main | 【ラグビー】 サモア戦の23人 »