« 【ラグビー】 ゆっくりしていってね!!! | Main | 【ラグビー】 再び、フットのように(2) EU外選手とパスポート »

2009.10.05

【ラグビー】 再び、フットのように(1) 行列のできる規律委員会

サッカー・ヨーロッパリーグの試合の前、ベオグラードでパルチザンのサポーターに襲撃され意識不明の重体に陥っていたトゥールーズFCのサポーターは、29日に亡くなりました。改めてスポーツにおける暴力追放の意識が高まっています。
そしてTop14。よりによってこんな時に、あれやこれやの乱暴狼藉に彩られてしまった8節でしたが、確認したかぎり14日のLNRの規律委員会に召喚された皆さんは↓


・アルビとバイヨンヌの幹部スタッフ: アルビ×バイヨンヌの時、グラウンドと通路で起きたトラブルの説明のため

・Lafoy(アルビ): 前半10分モールで相手を殴ったとしてイエローカード、80分に退場した件で

・Boulogne(アルビ): バイヨンヌのGowerに対し目つぶしの疑い

・Baluc-Rittener(アルビ): ハーフタイムに通路で起きた乱闘で、バイヨンヌのコーチの1人を殴った疑い

・Gower(バイヨンヌ): 13分の乱闘のきっかけと見なされイエローカードを受けた件で

・Cudmore(クレルモン): ペルピニャン×クレルモンで、ペルピニャンのポリカルへのレイトタックルの後、Tchale-Watchouと殴り合いを演じレッドカードを受けた件で

・Tchale-Watchou(ペルピニャン): 同じアクションでイエローカードを受けた件で

・Frier(ブルゴワン): モントーバン×ブルゴワンの時のトラブルで

(;´Д`)

ところで昨今のアンチプレーな状況に危惧を抱いたクレルモンは、9節のバイヨンヌ戦のキックオフ前に、フェアプレーのキャンペーンを行ったらしい。

「それはこの2週間に起きた出来事の前にさかのぼる。私はひどく不快な思い出と共にトゥーロンから帰ってきた(9月2日、トゥーロン×クレルモン 26-21)。ペルピニャンで聞いたブーイングより深刻だった。それは別世界であって我々の世界ではない。今こそ公共の利益、我々が持つラグビーのイメージを守るために対処すべき時だ」
(クレルモン会長René Fontes談)

|

« 【ラグビー】 ゆっくりしていってね!!! | Main | 【ラグビー】 再び、フットのように(2) EU外選手とパスポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46395383

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 再び、フットのように(1) 行列のできる規律委員会:

« 【ラグビー】 ゆっくりしていってね!!! | Main | 【ラグビー】 再び、フットのように(2) EU外選手とパスポート »