« 【闘牛、映画】 ARENA | Main | 【フランス闘牛】 おめでとう »

2009.10.22

【ラグビー】 南東部の文化と誇り

リーグの他のクラブから、「あそこはほんとに特殊」「別世界」「猛獣の住みか」などと言われ、何かと評判のかんばしくないトゥーロンのスタッド・マイヨール。
最近の批判を受け、さすがに"こんなことでは子供達がスタジアムに来られなくなるかもしれない"と気づいたらしいトゥーロンサポーターのアソシエーションは、マイヨールの観客に向け、クラブの公式サイトに声明を出した。

いわく、「侮辱は応援ではない」。ラグビーらしく相手の選手、サポーター、レフェリーに敬意をはらおうぜという…まあ基本中の基本です。
そしてアソシエーションはさらに、相手のプレイスキックの時には、ブーイングするかわりに…セミの鳴きマネをしようではないかと訴えている模様。

「みんな、一緒に鳴こう!」

悪い、何言ってんだか分かんない。
つまりたぶん南仏のシンボルの1つともいえるセミの鳴きマネをすることで、批判者達よレジオンの誇りを見よ!、と…そういう問題じゃない気もするけど…ともかく、スタジアムにおいて地方の独自文化(なんだろうか)がラグビーの文化に優越するあたりが、この地方のラグビーの個性であり厄介さなんじゃないかという気はする。

ちなみに今週末マイヨールでトゥーロンと対戦する最初の犠牲者はブルゴワンです。ボイエ乙。

|

« 【闘牛、映画】 ARENA | Main | 【フランス闘牛】 おめでとう »

Comments

本当に、ピントがいまいち分かりませんね。

トゥーロンの伝統といえば、喧嘩上等ラグビーじゃないですか。

セミがいない地域といえば、これはもう、パリしかありませんね。
トゥロネの皆さんがお越しになる来月の試合を楽しみに待ちます♪

Posted by: machvili | 2009.10.23 at 06:28

「相手ををリスペクトしよう」まではもっともなんですけど、そこから先、どうして「プレイスキックの時は静かにしよう」という発想に向かわないのかが分からない…誤読だろうか…
ブーイングを批判されたのを、彼らはどうも「中傷された」と感じてるようなんですね。

前に、ためしに昨季Top14の試合中に出たカードの数をクラブ別に数えてみたことがあるんですが、ダントツでトゥーロンでした。
あれだけあちこちの選手が入ってアレということは、喧嘩上等はやっぱりスタジアムの雰囲気に誘発されてる部分も少なくなさそうな気が…

トゥーロンサポは、当然かもしれないけど、いろんな意味でノリがマルセイエに似てますよね。
machviliさんが実際にジャン=ブアンで観戦なさって、対戦相手の各クラブのサポーターの違いを感じたりすることはありますか?

Posted by: つき | 2009.10.24 at 00:30

違いは大いにありです、サンドニであたるビッグチームはマスすぎてよくわからないということと、試合の時期や曜日で変わるということを前提にした上で。

トゥーロンサポは、二部時代にラシンのホームで見たときは、トゥールーズっぽいミーハーぶりで新興チームらしい感じでしたが、ジャン・ブワンではなぜかそれほど印象に残っていません。
モンプリエのファンはほとんど見かけたことがなく、人数が多いと思うのはバイヨンヌとペルピニャン。それぞれのやり方で熱心です。
コアなおじさんが多いのが、カストル。加えて若者やきれいな女の子も多いのがブリーヴですが、意外にクラシックで好印象。
サンドニに移る前にジャン。ブワンで行われたクレルモンの試合では、狐の剥製応援団と交流しました。あの狐、勝っても負けても燃えるらしいです。
http://www.cybervulcans.net/spip/ALCRPF.html?debut_signatures=90
ブルゴワンは年齢層高く、ビアリッツファンは敵対心がなくていい印象です。

イングランドのレスターのファンは男女ともに体が大きくて、身の危険を感じましたが、襲われるようなことはありませんでした。

まだ見ぬながら、大量にパリファンとかぶっているであろうラシンとの対戦がどうなるのか、今から楽しみです。

Posted by: machvili | 2009.10.24 at 08:14

machviliさん、応援お疲れ様です。最後は結構攻めたのにねぇ…


>違いは大いにありです

興味深いお話をありがとうございます!! フランスは地方地方の個性があって面白いですね。
トゥーロンサポって、意外と空気を読むのでしょうか。

バスクとカタルーニャは、やっぱりスペインに近い情熱を感じますね。
アツいバスクダービーとはいっても、ビアリッツとバイヨンヌのファンの子供達(とか、インディアンと馬)が一緒に肩を組んでいたりして、ラグビーの文化はそこにある、という気がします。

南東部のアツさは、またちょっと違うような。ベロドローム…もっと言うならカルチョに近い?

モンペリエのサポは、中継で見た限りの印象ですが、南部のクラブでは比較的おとなしい方だという気がしました。学生の町だということもあるのでしょうか。

>若者やきれいな女の子も多いのがブリーヴですが、意外にクラシックで好印象

女の子多いですよね。よく試合後に選手にサインをもらってるのを見ます。ファンがみんなグラウンドに降りてきて…私はああいう光景好きです。

>狐の剥製応援団
これは…!!
意味不明です! こ、交流なさったんですか?しかしフランス人は、いろんなところでいろんな自由を求めて戦っているのですね…

カストルの観客層がなぜそういうことになってるのかも興味深い…。ブルゴワンは若いファンが少ないのでしょうか、ちょっと最近のクラブ事情を反映してるようで寂しいですね。
トゥールーズのサポは数も多いから、フォーラムでお行儀の悪い人がいるのがちょっと気になる、かな。

>ラシンとの対戦がどうなるのか
2部時代も応援し続けたコアなラシンサポと、シャバルマニアと…パリサポ?
また観戦なされたら、ぜひお話お聞かせくださいませ。

>レスターのファンは男女ともに体が大きくて、身の危険を感じましたが

…男女とも…?(;´д`)

Posted by: つき | 2009.10.25 at 03:02

そういえば、モントバン戦で緑色の発炎筒が出現したことを書き忘れました。後にも先にも、ジャンブワンで発炎筒を見たのは、あの時だけです。ちょっと興奮しました(笑)

サポーターの雰囲気というのは、町の規模とクラブの歴史に関連があると思いますよ。
消えかけていたモンプリエが突然、あれだけの人数を集めることが出来るようになったのも、大きな街だからではないかと。
ブルゴワンは難しいですね…。もともと人口が2万人強しかいなくて、近所のリヨンにもグルノーブルにも悪くないチームがありますものね。

トゥールーズサポにはとても愉快な方がいらっしゃいますね!あれもまた、お土地柄を表しているようで、いつもほのぼのさせていただいています。
ああいうのを見ていると、ギィが指揮棒を振り続けている意味はあるのかな、と。

昨日のサンドニには、肩にポルトガルの旗をかけている若者がいましたよ。地元のサッカーファンも順調に集客しているようです。

Posted by: machvili | 2009.10.25 at 18:19

発煙筒はペルピニャンサポが焚いてるのを見たことあるけれど…やってるところはやってるんですねぇ…

サッカーでは焚くとクラブが罰金だけど(でも焚いてるけど)、ラグビーはレアケースなので罰則がないのでしょうか。
モントーバンは、こんなことでいちいち罰金取られてたら、お財布的にシャレにならなさそう。

>ちょっと興奮しました

大きな声では言えないけど、サッカーに限れば、発煙筒がないと、なんだかサッカー見た気がしなくなってるのも本当です…(慣れは怖い)
この間のPSGの発煙筒投擲が問題になったりして、今後ラグビースタジアムでも厳しくなるかもですね。OM-PSGはインフルで延期だそうだけれど、相変わらず戦争のような報道写真で…

モンペリエ、一時期はそんなに人気が落ちていたのですか。最近は育成の成功や新スタジアム効果で、数の多そうなライト層呼び込みがうまくいったんでしょうね。

ブルゴワン小さいっすね…合併の話がでるのも分かるような。
ただリヨンやグルノーブルは、モンペリエもそうだけどサッカーも人気がある町だから、ブルゴワンにはラグビーで頑張ってほしいところです…

>トゥールーズサポにはとても愉快な方がいらっしゃいますね

なんかフォーラムには、「トゥー、ルー、ザン!!!」ってノリの人が多くて。煽りに来たりとかするし。
ラグビー経験者で大人のトゥールーズサポが、他のトゥールーズサポの書き込みをたしなめてるところを見かけたことがあります。ちゃんとしてる人は、もちろんちゃんとしてるけれど。

>昨日のサンドニには、肩にポルトガルの旗をかけている若者がいましたよ

パリには大きなポルトガル人のコミュニティがあるそうですね。お隣でパウレタに声援を送ってた人達なんでしょうが、パウさまも引退しちゃったし…

Posted by: つき | 2009.10.26 at 17:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46553279

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 南東部の文化と誇り:

« 【闘牛、映画】 ARENA | Main | 【フランス闘牛】 おめでとう »