« 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド2 "イエス、ゼイ キャン!!!" | Main | 【ラグビー】 フランス代表、主将交代 »

2009.10.20

【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド2 (2)

先週末のハイネケンカップでもう1つ話題になったのは、イングランドのチームと対戦したフランスの4チームが全勝したことでした。アウェイでトゥールーズ*とスタッド・フランセ、そしてホームでペルピニャンとビアリッツ。

* トゥールーズ×ハリクインズの前半10分に担架で退場したニヤンガは、検査の結果膝蓋腱を損傷していて、4~5ヶ月の離脱。お友達の師匠も心配じゃろう。トゥールーズはジョーカーを探さないと…)


16日
プール1: ペルピニャン×ノーサンプトン 29-13
17日
プール2: ビアリッツ×グロスター 42-15
プール6: ブリーヴ×レンスター 13-36


ラウンド1でトレヴィーゾに敗れたペルピニャンは、マルティのトライとペナルティトライとポリカルの足でノーサンプトンに勝利。ただ、相手にボーナスポイントを与えはしなかったが、取れもしなかった、というのが惜しまれる点です。
このプールは今のところ全チームが1勝1敗で並び、ポイント差で1位マンスター(6pts)、2位ペルピニャン(5)。

そしてUSAPは次の土曜はスタッド・ドゥ・フランスでスタッド・フランセ戦なのです。もう7万席売れたらしいワヨー。


ビアリッツはリーグ5節スタッド・フランセ戦で覚醒して以来、連勝街道バク進中ですが、ディフェンスはいいんだけどそのかわりトライが少なめ。しかし"もっとトライを"というブランコの要求に応え、ホームで5トライを挙げて快勝。ングウェニャのハットトリックでした。
ただ、スタッド・フランセ戦の後ここまで相手に1トライも与えていなかったのが、この試合で2トライを許していたりする。


ホームにレンスターを迎えたブリーヴは、欧州王者を相手に何もできず、ほぼプール敗退を意味する2敗目を喫しています。唯一1トライを挙げたヴォスルーも、「ブリーヴに何が足りないのか分からない」、と混乱気味でした。
ブリーヴはこの試合の後、クラブの名誉会長と幹部の意見対立で、名誉会長のパトリック・セバスティアンが職を辞すなど、グラウンドの外でもゴタゴタが続いてます…

↓酔っぱらいの国からやってきた皆さん
ビール片手率高杉。試合終了の笛が鳴るや、フランスとアイルランドの数百人のサポーターがグラウンドに駆け下り、スターのオドリスコル様はサイン責めから逃れるため、早々にロッカールームに退散したらしい。サッカーなら身ぐるみはがれるケース。
その他のレンスターの選手達は、長いことグラウンドにとどまりサポーターと勝利を分かち合っていたそーです。

Cableinster

Cableinster2
(photo: brivemag)

|

« 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド2 "イエス、ゼイ キャン!!!" | Main | 【ラグビー】 フランス代表、主将交代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46535742

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド2 (2):

« 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド2 "イエス、ゼイ キャン!!!" | Main | 【ラグビー】 フランス代表、主将交代 »