« 【ラグビー】 Top14第4節(2) | Main | 【フランス闘牛】 La vida y la muerte, eso es el toreo »

2009.09.04

【ラグビー】 Top14第4節(3)

ペルピニャン×ブリーヴ 21-9

しかしいつ見てもすんごい雰囲気のスタジアムですね。それでも南東部に時々ある殺伐テイストは希薄な気がする。Top14の乱闘の多さは、あのスタジアムの熱気に誘発されてる部分が少なからずあるんじゃないだろうか。

フランス王者ペルピニャンがホームでまったく危なげない勝利。他の試合より1時間遅れで始まったこの試合、私はこの時点でほとんど意識がなかった。(眠くて)
絶倫な回復力で復帰してきたブリーヴのグードが、なぜかSOでなくFBに入ってる。それってどうなの?というツケは、ペルピニャンの2トライ目で支払うことになるんだけれども。
ペルピニャンはSHメレの負傷交代が心配ですが、最終的にこの試合の後、計4選手が医務室行きになったという…

中継の解説はファビアン・プルースでした。


スタッド・フランセ×モントーバン 35-40 

(ノ∀`) アチャー
まあ、今季パリジャンのここまでの内容を見ていれば、特別驚く結果じゃないっス。モントーバンの攻撃に対してprendre l'eau、つまりすなわちザルということですね、3トライ7PGを喫して今季2敗目です。

ブリーヴだけでなくこちらも、"FBカマラって何"的な不安はあったんですが(サウスウェル怪我みたいね)、そのカマラ君が13分にシンビンになり、あろうことかその6分後に若手HOのサンペレがカテドラルをやらかしてイエローカードを頂戴。一時は13人対15人。それでもその苦しい時間帯に15-14と逆転して、おお~いいじゃないか、と思ったんだけどなあ…
最後の15分間で2トライを挙げた追い上げは惜しかった。特にビュルバンの認められなかったトライは。

モントーバンは今季初勝利。スタッド・フランセにとってさらに不運だったのは、たまたまモントーバンが前節カストル戦の延期で元気いっぱいだったことなんですが、主たる問題はそこじゃない。つまり、パリジャンは「チームになっていない」という印象を受けるのです。そして明らかに、ゲームのリーダーを欠いている…
しかしそもそもスタッフが、統一されたビジョンのもとに選手に明確なプランを伝えているかどうかがはなはだ怪しい。

悪いスパイラルに入っちゃった感じだけど、マックスも「決断」するなら早いほうがいいんじゃ…。ともかく日曜はアノエタ(訂正:すみませんアギレラだった)でビアリッツ戦です。ビアリッツは序盤の不振を雪辱する気満々ですよ。

|

« 【ラグビー】 Top14第4節(2) | Main | 【フランス闘牛】 La vida y la muerte, eso es el toreo »

Comments

つきさん

>マックスも「決断」するなら早いほうがいいんじゃ…

最近はネット中継も追えておらず、フランス・ラグビー情報は、つきさんだけが頼りなもので状況がよく飲み込めていないのですが・・・


(/ω^\)
これって、もしや・・・
監督が足を引っ張っているのでせうか??

Posted by: ひろどん | 2009.09.04 at 17:09

いや、辞任とか解任とか、そんなえぐい話になってるわけじゃないのですよ、全然。ただスタッド・フランセの調子がよろしくないので、いろいろと書かれているだけで…

マッケンジー1人の問題とは限らない…もうちょっと構造的な問題の気がします。
ただ、昨季はマッケンジーとドミニシとランドローの三頭体制だったのですが、どうもしっくりいかなくて、選手が混乱したところもあったようなんですね。

結局ランドローコーチはグルノーブルに去って、新シーズンが始まったけれど、あいかわらず改善が見られない。
もちろん早急に結果を求めるのは酷ですが、チームの士気自体が下がっているように見えるので、このままいくと最悪のスパイラルにはまるかも、という不安が私にはあるのです…

Posted by: つき | 2009.09.04 at 23:48

なるへそーー。
そういうことですか!!

マッケンジーの古巣ワラタスは、監督の差で負けた試合が、新監督になった昨季は多かったもので・・・
(現リコー監督のローデン氏も同時に抜けたのが、大きかったのですが)
(´Д`;)

マッケンジーは、ダメならダメで、「早くシドニーに帰ってきてくれ~~」と、願っておりました。

いっその事、(嫌がるかもしれませんが)トゥキリと交換して欲しいぐらいです。。

(・∀・)<ダニングは、移籍済みなので付けられませんが・・

Posted by: ひろどん | 2009.09.05 at 01:59

この2試合というもの、ホームスタジアムで見てたら真剣にへこむ内容。ついでに、水曜は雨だったので風邪までひいたみたいです…。泣きますよ、これじゃ。

完全に「ドミニシ退任」を求めていい頃合かもしれません。ラディカルなことを言って申し訳ありませんが、もう限界です。カマラをスタメンで使いつづけることだけでも、チームの風通しは悪化してそうに思えます。元気になったミエレスをまったく出さない意味がわかりません。何より、バックスのコーチングのシロウト臭さが心配です。

試合中にはあまり口を出さないマックスでさえ、走り下りてくるくらいですから、マッケンジーが全権を握るなど、そろそろ動きがあってもおかしくないかもしれません。
とりあえず、このままでは優勝争いは遠いでしょうね。トゥキリをとらなくてはいけないほど、弱体化したとは思いたくないのですが(苦)。

Posted by: machvili | 2009.09.05 at 06:19

ひろどんさん

マッケンジー、実力のある方なのですよね。スタイルの違うフランスの、ああいう多国籍チームをあの状態で率いるのは大変なことだろうと思います…

トゥキリの移籍の話は、スクープされたり否定したりでサッパリわけが分からないので様子を見てるのですが、やっぱり代理人やマスコミがことをややこしくしてるのでしょうか。

マッケンジーは彼を呼びたいかもしれないけど、「スタッド・フランセはこれからスターになる選手を獲得する方針だ」、とつい先日マックスが言ったばかりなので、報道にはちょっと半信半疑…
「フランスでいっちょパリソンをもんでやって」、という気持ちもあるのですが。

>ダニングは、移籍済みなので付けられませんが・・
お気持ちだけありがたく…( ^ω^ )

Posted by: つき | 2009.09.06 at 22:09

machviliさん

お風邪大丈夫ですか!お大事になさってくださいね。
チームも何か気持ちが切れてしまっているのでしょうか。数的不利な時間帯で逆転したり、ポテンシャルは高いのではと思えるだけに残念です…

>完全に「ドミニシ退任」を求めていい頃合かもしれません

やっぱりそっちになってしまうでしょうか…クラブ愛のある人だけに、つらいのですが。
「カマラはドミニシのお気に入りだから」みたいな言い方がされてしまうのは、やっぱりあまりいいことではないですよね…

>試合中にはあまり口を出さないマックスでさえ、走り下りてくるくらいですから

そんな場面もあったのですね…このままではもうチーム状態が改善される見込みはなさそうですか?
私はつい最近もPSGとともに残留争いを(それなりにバイタルに)経験したので、その点は結構忍耐強いのですが!

Posted by: つき | 2009.09.06 at 22:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46117099

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Top14第4節(3):

« 【ラグビー】 Top14第4節(2) | Main | 【フランス闘牛】 La vida y la muerte, eso es el toreo »