« Top14財政危機なし | Main | ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・4 »

2009.08.11

マックスまだまだ語る

そもそもこのマックス・グアジニのインタビューは、(なぜか)トゥールーズのファンフォーラムに投稿されたレキップの記事の書き写しらしく、どこまで正確なのかは分からない。(レキップのサイト上ではごく一部だけ公開された)
そんな事情をご了承の上お読みいただけるとありがたいんですが、ともかくマックスはそのインタビューで、シャークスに移籍したエルナンデスにも言及してる。

あのマックスがマスコミ向けに言ってることだから、内容はいろいろとさっ引いて考えるにしても…おおむねこんな話です。

・2年前、レスターへの移籍希望の後、エルナンデスは考えを変えて、スタッド・フランセとの契約を延長しサラリーをアップした。
お互いに気持ちは離れていたし、是が非でもエルナンデスを引き留めるべきどうかは確信がなかったけれど、多くの人の「エルナンデスを留めておくべき」という意見を聞き入れた。

・しかし08-09シーズンに、エルナンデスは一度も本来の輝きを見せることはなかった。だから、彼の選択の自由に任せた。

・自分はエルナンデスがフランスのクラブ(トゥーロン?)に行く方がよかった。というのは、その方がもっと高額な移籍金(30万ユーロ)を受け取れただろうから。シャークスから受け取った移籍金は10万ユーロだった。しかし決めたのはエルナンデスだ。


エルナンデスとマックスの言い分は180度食い違う部分もあるけれど、概して移籍についてのコメントなんてこんなもので、双方とも利害があり外向けに100%本当のことを言うはずがないし、真相は当事者しか分からない。
いずれにせよ肝心なのは、あくまでもグラウンド上のパフォーマンスであって、ビジネスの舞台裏じゃない。今回の移籍はおそらく、エルナンデスにとってもスタッド・フランセにとってもよかったのだろうし、大きなトラブルもなく話がまとまってよかったと思う。


さてそのエルナンデス、最近「パリは5ヶ月間寒くて、気温が1、2度になる。これではボールをキャッチできないよ」、なんて話をしたそうだけど、パリサポから「でもイングランド行きたがってたよね?」、というツッコミが入ったのは言うまでもなかった。

|

« Top14財政危機なし | Main | ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45895943

Listed below are links to weblogs that reference マックスまだまだ語る:

« Top14財政危機なし | Main | ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・4 »