« Top14第1節 | Main | おめでとう10周年・ありがとう10周年 »

2009.08.19

シャバルと闘牛

Novelaffiche先週、南仏ベジエでは夏恒例の"フェリア・ドゥ・ベジエ"が開催されていました。バイヨンヌやニームと並んでフランス最大の闘牛のお祭りらしいです。

ASベジエ・エローは低迷してるけど、ラグビーももちろん盛んなこの地方。市はフェリアの告知のため建築家のジャン・ヌーヴェル(アグバルの人ね)に依頼して、↑(photo: Midi Libre)のようなポスターを製作しました。しかしこれが思わぬ波紋を呼んだ。

話を先月末に戻すと、
このポスターにコラージュされている牛の頭をしたラグビー選手、実はこれはシャバルの写真を無断で加工したもの。当然ながらシャバル側はこれにクレームを入れ(まあ許可以前に失礼よね)、ベジエ市は結局このポスターと関連グッズ、公式プログラム5万部を破棄しました。

しかし話はそれほど単純ではない、というのは、このトラブルの背後には動物愛護団体の闘牛廃止運動があるから。「闘牛とラグビーの耐え難い寄せ集め」だとして、シャバルに呼びかけたのはこうした反闘牛の同盟。
同盟はポスターのラグビー選手がシャバルかどうかを確かめるために写真を探し、それがイングランドのあるジャーナリストが撮った彼の写真だということを突き止めた。同盟はそれからネット上で、著名人脈を駆使したキャンペーンを張った…ということのようです。

シャバルが問題にしているのはあくまで写真の無断使用と加工らしく、ベジエ市長によれば、シャバル自身は「自分は闘牛と反闘牛の争いには巻き込まれたくない」、と言っているそうです。それは賢明。何度も言うようだけれど、それがどのようなものであれ、私はスポーツがプロパガンダに利用されるのは好きじゃないのです。


故郷ベジエのフェリアで、肩車されて闘牛場を出るCastella。右は友人のフランス人闘牛士Juan Bautista。アルルの出身らしい。名前をフランス語表記にするかスペイン語表記にするかは考え中。
当日のお二方の闘牛の動画はこちら↓
http://www.dailymotion.com/video/xa622u_beziers-14-de-agosto_creation

Castellajuanbautista

|

« Top14第1節 | Main | おめでとう10周年・ありがとう10周年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45970275

Listed below are links to weblogs that reference シャバルと闘牛:

« Top14第1節 | Main | おめでとう10周年・ありがとう10周年 »