« マックスまだまだ語る | Main | フランスの闘牛士 »

2009.08.11

ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・4

ツール・ド・フランス第18ステージ。TTに臨む決意の表情のシュレク兄弟2ショットは、その細い体型もあって「まるでジャコメッティとかザッキンの彫刻みたい」、と思ったのだけど、もちろんザッキンにはゴッホ兄弟をテーマにした有名な作品がある。

しかしそういえば、「シュレク兄弟」で定着しているフランクとアンディに、他に兄弟がいる可能性というのを考えてみたことがなかった。

ドーフィネ・リベレ紙で読んだのだけど、32歳のシュレク長兄スティーヴは、弟の付き人(?)であるコンタドール兄とは違って、キャンピングカー応援部隊らしい。
弟達の顔写真の旗を手に、「3人の中で、僕が一番年上で一番でかくて(197cm)一番デブだ!」、なんてふざけて言ってたようだけど、やはりひょろっとした感じの人だそうで。

中継で言う「お兄ちゃん」のイメージの強いフランクが、実は兄弟の真ん中であるという事実には、ちょっと「アレッ?」と思ってしまった。しかしアンディのぽわんとした、でもどこか要領のよさそうな雰囲気は、末っ子と考えればより納得…というか、まだ下に弟、妹がいたりするんじゃなかろうね。

これはサルコ

Frank

|

« マックスまだまだ語る | Main | フランスの闘牛士 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45895886

Listed below are links to weblogs that reference ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・4:

« マックスまだまだ語る | Main | フランスの闘牛士 »