« フェルナンド・ガゴの小心者克服講座 | Main | 【ラグビー】 シャバルマニア再始動 »

2009.08.25

【ラグビー】 Top14第2節

【トゥールーズ×ブリーヴ 38-0】
前節快勝の首位ブリーヴが、トゥールーズに乗り込んで尻の毛までむしられた一戦。容赦ないなー。どうもSOオルケラが不安定だったみたい。
一方、恥骨だか内転筋だかの手術で離脱中のグード先生が、ものすごい勢いで精力的に回復中というウワサもあります。予定より復帰が早まるかも。

圧勝にもかかわらず、トゥールーズにはさらなる打撃。メダールが肩を痛めて復帰まで1ヶ月かかるかもしれない。肩鎖関節脱臼、この間パラがやったやつですね。メダールもシーズン前から新型インフルにかかったり、ツキがないというか…


【モンペリエ×ペルピニャン 18-12】
前節そのブリーヴに敗れたモンペリエですが、ホームに戻って今度はフランス王者ペルピニャンを下したりしています。
モンペリエの得点は、すべて21歳のSOブノワ・パイヨーグのキックから(5PG1DG)。おお。この試合、トラン=デュックはセンターに入りました。

パイヨーグはスタッド・フランセのエスポワールにいた選手で、いつ上がってくるのか楽しみにしていましたが、知らない間にオーシュに行って、それからモンペリエに行っていた。172㎝70㎏の小柄な体で、昨年スタッド・フランセと対戦した時に見て、あまりの線の細さに驚いた記憶があります。(ホントのとこもっと軽いんじゃないか…)
体格についてはやはり何かにつけていろいろ言われるようで、ちょっとムカつく時もあるそうだけど、
「エリサルドみたいな選手は、90kgなくたってプレーできることを証明してる」(パイヨーグ談)

このモンペリエ×ペルピニャンの試合終了後、モンペリエのSHトマが熱中症を起こし、病院で点滴を受けたらしい。土曜の午後、気温は35℃以上。
今季Top14は開幕が早まったこともあり、1節が終了した時点で、リーグのスケジュールにはギ・ノヴェスをはじめ選手コーチから批判続出でした。イングランド帰りのスタッド・フランセのデュピュイは、
「僕が理解できないのは、夏のさなかの土曜の午後に35℃の中でプレーして、冬は夜の7時半からくそ寒い中でプレーすることなんだよ!」


その他の話題としては、スタッド・フランセ戦でバイヨンヌの4トライのうち2つを挙げたのは、先日U20世界ラグビー選手権で来日したばかりのフォールだった、とか。
また、バイヨンヌのお祭りに発奮したのか、初戦でコケたビアリッツがアギレラできっちりアルビに勝利を収めた、とか。(39-6)

Mrc09

|

« フェルナンド・ガゴの小心者克服講座 | Main | 【ラグビー】 シャバルマニア再始動 »

Comments

週末のフランスは相当暑かったようですね。 
TVでトゥーロンとラシンの試合を見ましたが、前半・後半とも真ん中でそれぞれ給水(休憩)タイムをとっていました。 途中休憩なんて初めてみました。選手の顔をアップにしたら、ものすごい汗でしたね。

個人的にはジョニーがフランス語しゃべってたことがなんかとっても感慨深かったです。 

Posted by: ナメ | 2009.08.25 at 22:56

気温35℃とかいっても、グラウンド上はもっと暑いでしょうね。給水タイムを取るなんて、よっぽど…
TV放映の関係でしかたがないのかもしれないけど、夏の日中の試合は誰か倒れやしないかと心配です。

ウィルキンソンは仏語話しますね。グードあたりもそこそこ…。イングランドのスポーツ選手はあんまり外に出ない印象があるけど、外国でチャレンジしようという選手はやっぱり柔軟なところがありますね。

Posted by: つき | 2009.08.26 at 16:35

ブノワ・パイヨーグ!!いいですよねぇ。。。
スタッド・フランセにいた頃に出た試合では、大人に片手でねじふせられちゃった感じでしたが、昨年、モンプリエに突然あらわれた時は、しっかり活躍していました。
「カンがいい」というのが私の印象です。体格の不利をぜひとも頭で克服していってもらいたいところ!
モンプリエも、しっかりしたキッカーが来てくれて本当によかったですね。

ウィルキンソンの‘大学フランス語’はヤバイです。毎日、うまくなってそう…。
練習マニアの彼のことですし、今後が怖ろしいですね(笑)

Posted by: machvili | 2009.08.27 at 03:02

この試合、小さな体で守備も頑張ってましたね。
賢い選手なのですね!パリでの試合を見られなかったのは残念だけど、若手がノビノビやってるモンペリエを選んだのはよかったかも…。頑張ってほしいなあ。
今は、この間U20で来日したパリの若手SOに期待してます。中継がある試合の前に怪我しちゃって見られなかったのですよ…

ウィルキンソン、来たばっかの頃より結構上達してるような…。でもイギリス人が頑張ってフランス語話してるのって、なんかおかしな感じです。ラテンの人達が必死で英語を覚えてるところばかり見てたから。

Posted by: つき | 2009.08.27 at 22:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/46025954

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Top14第2節:

« フェルナンド・ガゴの小心者克服講座 | Main | 【ラグビー】 シャバルマニア再始動 »