« デュソトワールと防犯カメラ | Main | マックスまだまだ語る »

2009.08.11

Top14財政危機なし

いくつか前のエントリで触れたレキップのインタビューの中で、マックス・グアジニは、スタッド・フランセの財政が苦しいという噂について、「どこから出た噂か分からない。今季の我々の予算は2100万ユーロ、6%増だ」、と話していたんだけど、それはホントらしい。

Top14の大部分のクラブは09-10シーズンの予算を増やしており、スタッド・フランセとブリーヴが300万ユーロ増で最もよく努力した。
14クラブ中、トップはスタッド・フランセ。しかし最もリッチなのはトゥールーズかもしれない。というのは、この1700万ユーロにはハイネケンカップの収入が含まれていない、ということらしい。

ラシンは昇格したばかりでこの位置。一方フランスチャンピオンのペルピニャンは8番目。


Stade Français : 21 M Eur (+ 3 M Eur)
Clermont : 18,9 M Eur (+ 1,9 M Eur)
Toulouse : 17 M Eur (=)
Toulon : 16,5 M Eur (+ 2,5 M Eur)
Brive : 16 M Eur (+ 3 M Eur)
Racing Métro 92 : 16 M Eur
Biarritz : 14 M Eur (+ 0,5 M Eur)
Perpignan : 13 M Eur (+ 1 M Eur)
Montpellier : 12,8 M Eur (+ 1,3 M Eur)
Bayonne : 12 M Eur (+ 0,5 M Eur)
Castres : 11 M Eur (=)
Montauban : 10,2 M Eur (+0,7 M Eur)
Bourgoin : 10 M Eur (+ 0,2 M Eur)
Albi : 8 M Eur

(レキップ)

|

« デュソトワールと防犯カメラ | Main | マックスまだまだ語る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45893166

Listed below are links to weblogs that reference Top14財政危機なし:

« デュソトワールと防犯カメラ | Main | マックスまだまだ語る »