« ちょっと追記ね | Main | Sans problème! »

2009.07.14

ツール・ド・フランス1週め

逃がしすぎだろう。
解説の方によれば、カヴは他のチームの仕事しなさっぷりにイライラ気味の発言をしてたみたいなんだけど(またなんぞ言ったんかいな…)、ともかく、そんなわけでフランス人選手が嬉々としてエシャペしているツール・ド・フランス1週目です。

第3ステージの横風区間のプロトン大分断、ぶっちぎったコロンビア側はあれは予定した戦略ではなかったと言っていたけど、翌日のTTTのアレな出来を見れば、それはあながち嘘じゃなさそうでした。
おそらくコロンビアの選手達は、あの区間に入った時すぐにある同じイメージを共有した。酷暑と強風の中、まるでロードレーサーの本能に火がついたかのような走りでした。「僕の命このレースに捧げてしまっていいさ~」みたいな、きっとキャリアの間には、時々そんな日が訪れるんだろうと思います。

カヴは最近「マイヨ・ヴェールは狙わないよ」宣言をしたようだけど、私はそれでいいんじゃないかと思うなあ。シャンゼリゼの表彰台でマイヨを着るにはリアリズムも必要なのだろうし、犠牲にしなければならないものもあるだろう…時には何より「情熱」を。それはどうも、彼のスタイルじゃないような気がする。
君はスプリンターなのだから、誰よりも早くゴールラインを越えることを考えていればいいのではないかと思う。


【今年もツールTV観光】
・ルルドの大聖堂は昨年のピレネーのステージでも空撮されていたけれど、その時の中継は「何の建物でしょうね」で終了してた記憶がある。洞窟の上に建ち、両側に巡礼者のためのスロープがある特殊な構造は、一見聖堂には見えにくいかもしれない。
各地の教会や聖地をつなぎながら進んでいくツール・ド・フランスですが、キリスト教徒にとってはツールはある意味、夏の「TV巡礼の旅」みたいな意味合いも持っているのかしらね。第10ステージのスタート地リモージュもまた巡礼の町。

・小国アンドラは、切手好きにはわりとメジャーな国です。フランスとスペインの郵便局が郵便業務を行っていて、切手もそれぞれが発行してます。
ポストも2種類あると聞いていて、中継ではそのへんも確認したかったんだけど…

・バルセロナの町並みは整然とやや威圧的で、ちょっと私を不安にするようなところがありました。逃げるミラーの行く手にそびえるカタルーニャ美術館と吹き上がる大噴水を見て、なんだかとってもマッチョ…という印象をつい抱いてしまったのは、あのアグアスの巨大ファルス物件を見た直後だったからなのかも。
そういえば、早稲田ガウディってまだあるのかな…


カヴの自転車のノーズアート(?)

Nart

|

« ちょっと追記ね | Main | Sans problème! »

Comments

カヴェンディッシュ、すでにマキュアンの後継者として山岳登攀部隊を支配しているようですね。
今日の記念日、シャバネルの大逃げなるか、あるいはスプリンター対決となるのか、楽しみです。
あるいは、まさか、新城がまたまた最後に登場するとか…!?

Posted by: neuron | 2009.07.14 at 06:33

中継ではカヴェンディッシュのグループと言われてましたが、ホントに彼が仕切ってるんでしょうかね。マキュアンがいるとわりと安心してグルペットの帰りが待てるんですが、今年は表彰式そっちのけで無事生還を祈ってます…

今日のステージ、無線がないとどういう事態になるのか私には予想もつかないです。しかしなんでまた今更…と思ってしまいますね。スタッフは自転車の整備にピリピリしてるんじゃないでしょうか。

そろそろ真打ちのシャヴァネルの大逃げが見たいです。新城、くるでしょうか?

Posted by: つき | 2009.07.14 at 18:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45604524

Listed below are links to weblogs that reference ツール・ド・フランス1週め:

« ちょっと追記ね | Main | Sans problème! »