« しかしまだモン・ヴァントゥーがある | Main | あやしい »

2009.07.25

移籍シーズン正直ツカレタ

エルナンデスのシャークス移籍がようやく決まって(だよね?)、アルゼンチンのESPN Deportesからインタビューを受けたらしいんですが*1、これがフランスでは、もっぱら彼がスタッド・フランセの移籍交渉時の態度を批判した、として大々的に報道されましてですね…
*1 たぶんこれ↓
http://espndeportes.espn.go.com/news/story?id=870637&s=rug&type=story

しかしESPNの原文と読み合わせると、フランスの記事は意図的にえぐく翻訳してあるような気がする…。全体見ればそんな批判的なニュアンスのインタビューじゃないと思うし。
「僕は幹部が金のことしか考えていないことを受け入れなければならなかった(レキップ翻訳)」というより、
「僕は幹部がただ(クラブの)経済状況のことを考えているだけだ、ということを理解しなければならなかった(ESPN)」…なんじゃないのかな?スペイン語自信ないけれど。
でもいずれにしても、クラブはそうやってあなたたちに安からぬサラリーを払い、若い子達を育ててきたんだと思うんだ…


一応、レキップの翻訳はこれ↓。他のフランスメディアも内容はほぼ同じ。
ESPNの方も読んだ方がいいのかな。今忙しいんだけどな…

「移籍の交渉はとても難しかったし、僕にはスタッド・フランセの態度が分からなかった。幸い僕は一番いいようにすべてを解決できた。クラブは僕に本当にたくさんのものを与えてくれたし、いい友人達もあそこにいる。でも僕は幹部が金のことしか考えていないことを受け入れなければならなかった。それだけさ。
他にもオファーがあったのは本当。でもこれらのクラブに配慮して、それがどのクラブだったかを言うつもりはない。僕のシャークス移籍は、何より彼らの文化がアルゼンチンの文化によく似ていることがその説明だよ。フェデリコ・メンデスやニコラス・フェルナンデス・ミランダ(元プーマス)もここでプレーしていた。それに、チームには素晴らしい選手が大勢いるし、クラブは常にタイトルをかけて戦っている。
もしすべてが望み通りにいけば、1年後に、僕は自分がしたいことを自由に決めるかもしれない。ハイネケンカップを勝ち取りたいよ。それは僕の未だ達成していない目標だ」

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

私が個人的に今忙しいというのは、サッカーの移籍市場の方の話なんですね。
「元パリのアイドル、ガビー・エインセがマルセイユに移籍するかも」という、どうでもいい人にはどうでもいいがPSGファンには一大事、な問題が持ち上がっているからです。
PSGファンとしての私のせつない悩みは、マルセイユのクラブ体質がやくざすぎるということに尽きるわけですが、もしラグビー界に今後、仮にベルナール・タピみたいな会長が現れるようなことがあったら、マジでフランスラグビーは終了しそうな気がする。

マルセイユといえば、先日マドンナのコンサートステージ設置中に起きた死傷事故の関係で、8月16日のリーグアン、マルセイユ対リールの試合がベロドロームで行われるのかどうか分からないところがあるようなんだけれど、そうなると22日のトゥーロン対ラシンは…

|

« しかしまだモン・ヴァントゥーがある | Main | あやしい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45728557

Listed below are links to weblogs that reference 移籍シーズン正直ツカレタ:

« しかしまだモン・ヴァントゥーがある | Main | あやしい »