« ツールは終っていない | Main | サイト閉鎖のお知らせ »

2009.07.29

ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・1

レキップに、「彼自身をはじめ全員一致の意見では、マーク・カヴェンディッシュはヤな性格だ。口汚いしすぐイライラする。でも彼は決して礼を言うのを忘れない」…なんて書かれちゃったカヴ。ヤな奴っていうのは、例の「ああ俺はクソ野郎だよ」発言にからんだ話ね。
今回もフースホストとのイザコザがいろいろ詮索されたりもしたけれど*1 、まあ、彼がチームメイトに対する敬意を忘れないうちは大丈夫だと思ってる。何であれ、彼らはツールの名誉の舞台に到達した一流の選手達なんだし。

*1 「ゴールスプリントではみんな気が立ってるから、いろんなことが起こるし直後は言い合いもある。マークと僕は握手して話して、今では全部水に流した。2人ともいいツールだった。彼は6勝、僕はマイヨヴェール、とね」─フースホスト談、大意)


ところで17ステージの落車で鎖骨を骨折していたことが明らかになったヒンカピー。チーム一丸で2級山岳を越えゴールスプリントに突入した19ステージで、ゴール後カヴからありがとうハグ!を受けてこの表情。
素晴らしいアシストにブラボー。お大事に。

「わかった、わかったから…イテテテ…」

Hincap
(photo: AP)


「6!」

Tdf21b

|

« ツールは終っていない | Main | サイト閉鎖のお知らせ »

Comments

他のスプリンターが束になってかかっても、平地最強軍団に援護されたカヴェンディッシュには、かなわない。

どうみたって、この現実は変わらないのですから、謙遜されちゃったりしたら、それこそ嫌な奴です。だから、尊大にしていた方が、かえって彼なりの誠実さをあらわすのでは?

でも、彼のトラウマになっているのは、意外にもトラックで実績をあげられなかったこと、ではないでしょうか。

Posted by: neuron | 2009.07.29 at 22:45

謙遜するカヴ…想像してみて「それはいやだ~」と思ってしまいました(;´Д`

>尊大にしていた方が、かえって彼なりの誠実さをあらわすのでは?
そうですよね。思ったことがそのまま口から出ちゃうんでしょうけど、プロスポーツの世界はみんな発言に慎重で、ほんとのことを言わなかったりするから、彼の物言いを聞いてると逆にホッとすることがあります。

五輪のことはかなりショックだったみたいですね。それが新たなモチベーションになっているのかも。
今回マイヨヴェールを取れなかったのも、私個人は悪いことじゃないと思ってます。こんな若いうちから何でも手に入れてしまったら、何に情熱を持っていいのかわからない…

Posted by: つき | 2009.07.31 at 00:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45775415

Listed below are links to weblogs that reference ツール・ド・フランスを気まぐれに振り返るエントリ・1:

« ツールは終っていない | Main | サイト閉鎖のお知らせ »