« Jubiléの顔、顔 | Main | Top14準決勝 ペルピニャン×スタッド・フランセ »

2009.06.03

いざ出発

Xvfranceete南半球でテストマッチを戦うフランス代表30選手のうち、Top14のファイナリスト7人を除く22人は火曜、エアバスA380でニュージーランドに向け(シンガポール経由で)飛び立ちました。A380のパリ-シンガポール間の初就航便らしいです。
あれ1人足りない?というのはつまり、フリッツがパスポートの期限切れで税関で足止めをくらったんですナ。遠足か君は。なのでフリッツはペルピニャンとクレルモンの代表選手達と共に、日曜の第2陣で出発する予定。

(安否情報: 1陣は無事オークランドに着いたモヨウ)

準決勝での負傷状況を受けて、リストにはまた1点変更がありました。クレルモン戦で膝をひねり外半月板を痛めたスクレラが棄権、ボクシスが追加招集です。
誰かの不幸は誰かの幸福、というのがこの世界の厳しさ。ボクシスはペルピニャン戦後のロッカールームで、リエヴルモンから直にテストマッチに出発する用意をするよう伝えられたらしいです。敗戦のロッカールームのささやかな喜び。
同じく膝を痛めたセルヴァはまだ治療中ですが、それほど心配ないんじゃないかな、という見方。

スクレラはスタッド・フランセにいた頃から怪我が多かったけれど、最近ますます怪我がちだなあ…。トゥールーザンも今季はスクレラとミシャラクでSO盤石じゃん、と思いきや、相変わらずエリサルドが10番やってるようなシーズンでしたが、トゥールーズの地元紙によれば、ブルゴワンの若手センター、ダヴィド君のトゥールーズ行きもありフリッツがSOにコンバートされるんじゃないかと、そんな話も。

テストマッチの成績を振り返れば、フランスはワラビーズのホームでは1990年以来、ニュージーランドでは94年以来勝ってない。ここ何年か、代表スタッフは南半球にいわゆるBチームを送らざるを得ない状況が続いていましたが、今季はそれなりのメンツが揃ったので、この対戦にかかる期待も大きいようです。いずれにしても半ば灰になっちゃってる人たちばっかなんだけど…
リエヴルモンはシックスネイションズの失望の後で、「選手達にはコンプレックスを払いのけ、雪辱と怒りを抱いてもらいたい」、と。

|

« Jubiléの顔、顔 | Main | Top14準決勝 ペルピニャン×スタッド・フランセ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45222355

Listed below are links to weblogs that reference いざ出発:

« Jubiléの顔、顔 | Main | Top14準決勝 ペルピニャン×スタッド・フランセ »