« いざ出発 | Main | 丸いボールも好き »

2009.06.04

Top14準決勝 ペルピニャン×スタッド・フランセ

即時性もくそもございませんね。

Usapsf06

ペルピニャン×スタッド・フランセ 25-21

レギュラーシーズンを首位で終え意気上がるペルピニャンと、シーズンの最後まで自分達のラグビーを探しあぐねたスタッド・フランセ。両者の対決の前半は、言うなればディシプリン不毛の荒野でした。

レフェリーのムッシュ・ガルセスの強硬な笛で、20分までに14のペナルティ。私の見てた映像もブツ切れでしたが、試合展開もブツ切れです。だからといって試合が動くかというと、ポリカル、ボクシスの両キッカーがよくPGを外したため、20分の時点でスコアはまだ3-3。
ハイテンションのコンバットが続き、案の定ディミトリ師匠がキレる(大事には至らず)。ワタクシこのあたりで試合内容と視聴環境に落胆していったんネット落ち。しかしボクシスの40メートルのDG(12分)は美しかった。

24分、ペルピニャンのスリークォーターの素晴らしい展開で、ポリカルが口火を切るトライを挙げます。ここぞと言う時に一気に加速するカタランの攻撃。しかしこの時ポリカルは真ん中に持っていこうとしてデッドボールラインを踏んだようでしたが、レフェリーはビデオレフを要求しなかった。
付け加えるならばスタッド・フランセの後半のボクシスのトライに関しても、実はボールを奪取したマルコネがオフサイドポジションだったりしたわけで、レキップが皮肉をこめて「ムッシュ・ガルセス、マン・オブ・ザ・マッチ」と書くのも無理からぬ。
前半はその後両チームともPGを1本ずつ成功させ、13-6で折り返し。


試合の様相は後半に変わります。まず48分、ペルピニャンのメルモスが、ハイパントの落下地点にいたベルガマスコ弟から一瞬早くボールを奪って鮮やかなトライ。メルモス好調です。
ここに至ってスタッド・フランセの名門の意地が息を吹き返し、直後の50分にボクシスがトライを返す。突き放すペルピニャン、詰めるスタッド・フランセ。スタッド・ジェルランの40,377人の観客が固唾をのむ展開が始まります。

62分にはペルピニャンが、69分にはスタッド・フランセがさらにトライを追加する。交代で入りトライを挙げたパリセは、何も諦めない勝者のメンタルの持ち主であることを改めて証明しました。
最後の10分間、両チームは4ポイント差。最後はこの日たびたびハンドリングエラーを犯したバスタローがラストチャンスでボールを失い、ここで終了の笛。血金の選手達とサポーターは歓喜にわき(あなたたち発煙筒たいたでしょ)、パリジャンに奇跡は起きませんでした。

観客席のダン・カーターの笑顔。グラウンドに泣き崩れるバスタロー(ピンクのスパイクが可愛かったのに)。スポーツの光と影、いつも繰り返される光景です。
ハイライト http://www.usap.tv/ カタランサポ、ノリがフランスじゃないww

↓ありがちなゲバラの旗かと思ったら、これはサルバドール・ダリかな。ペルピニャンのポンポンガール達、昨年のツールでピレネーのステージの時に沿道にいたような…

Usap0906

|

« いざ出発 | Main | 丸いボールも好き »

Comments

こんばんは。最近、なにかと忙しいですね

ピンクは、ダメでした。呆れました。とりあえずバックスの「頭」を変えなくてはいけません。。

ガルセスさんはフランスではトップクラスにいい審判なので、失敗を責める気にはなれません。準決勝が両試合ともいい試合だったのは審判に負うところも大きいいかと。
ペナルティーが多かったのも、主審の笛がしっかりしていたからだと思います。それをディシプリン問題にしていいものかどうか、微妙です。仮にもプロの選手たちを相手にジャーナリストを含めた外野の人間がディシプリンを問うべきかどうか、考え物ですしね。

今年のシーズンも、めまぐるしい展開でフランスラグビーリーグは新しい時代を迎えつつあるのだなという実感です。50年以上ぶりのチャンピオンも生まれたことですし。
来季もおもしろくなりそうですね。呆れすぎないかぎり、応援がんばりまーす。

Posted by: machvili | 2009.06.07 at 07:34

繁忙期ですー。
ペルピニャン×スタッド・フランセの前半15分くらいまでの間、前日のトゥールーズ×クレルモンの内容と比べて、見ていて悲しくなってしまったのは本当ですが、パリジャンの後半の奮起には、シーズンの最後に少しだけポジティブな印象が残りました。終わってみれば、ペルピニャンはやっぱり強かったのですよね。
(PSGのファンをやってると、良くも悪しくも鍛えられるのです)

ガルセスさんについては、こんな日もあるのね、という感じです。良くも悪しくもよく目立ったという意味でのMOMでしょう。
前半に乱闘が起きた時には、あー今日は何枚カードが出るのかなー、と思ったけど、その後は落ち着いたから、そのあたりコントロールができていたんでしょうね。

次はテストマッチ、アリアスも追加招集されたようで楽しみです。

Posted by: つき | 2009.06.09 at 01:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45230809

Listed below are links to weblogs that reference Top14準決勝 ペルピニャン×スタッド・フランセ:

« いざ出発 | Main | 丸いボールも好き »