« ことの次第 | Main | 雪辱のトライ »

2009.06.26

Top14インフルエンザ拡大

アルゼンチン帰りのバーバリアンズのH1N1感染は拡大しています。検査の結果、新たにスタッド・フランセのメッシーナのグリップA陽性反応が確認されました。
ここまでにトゥールーズのランボレイ、ビアリッツのゴブレットらの感染が伝えられていますが、依然多くの選手が検査の結果待ちであり、またニヤンガやソバドのようにまだ国外にいる選手もいるので、今後も何人かがリストに加わる可能性がありそうです。

バーバリアンズのドクターIzard氏はモンドーバンのチームドクターなのですが、感染の疑いがあった氏は帰国してからクラブの選手達と接触してしまっていたらしく(ああなんたる危機管理意識のユルさよ…)、モントーバンの選手達は病院で診察を受けて(幸いみんな健康)自宅待機、週末までチーム練習は中止です。

気になって見てみましたが、アルゼンチンの方はConfirman dos nuevas muertes y ya son 23 las víctimas fatales por Gripe A…グリップAで新たに2人の死亡が確認され、すでに犠牲者は23人にのぼっている、ということですよね。つい10日ほど前に同国内初の死亡者が出たというニュースがあったはずだから、急速に広がっている感じです。
新型インフルに関して日本では「騒ぎすぎ」という声もありましたが、その慎重さが過去どれだけこの国を救ってきたことか。「注意してし過ぎることはない」というのがウチの母の教えであります。

|

« ことの次第 | Main | 雪辱のトライ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45457449

Listed below are links to weblogs that reference Top14インフルエンザ拡大:

« ことの次第 | Main | 雪辱のトライ »