« Top14第25節 | Main | 週末のパリソン »

2009.05.13

ビッグクラブの底力

バイヨンヌ、ブリーヴといったクラブが終盤失速する一方、ビアリッツ、クレルモンはなんだかんだで目覚ましく復調しています。

スタッド・フランセ対ビアリッツは、来季のヨーロッパカップ出場権獲得に燃えるビアリッツと、既にリーグ準決勝進出の決まったスタッド・フランセの、まあまあ予想通りの展開でした。(12-16)
以下眠かったのであまりよく覚えてないんですが、ヤシュヴィリいいですね。前半にエルナンデスがDGを決めてから2分もたたないうちに、今度は自分が40メートルのDGを通してみせる。この試合唯一のトライユのトライ(くどいな)に貢献したのも彼。疾走するヤシュ!

負傷からスタメンに復帰したエルナンデスは、キックをチャージされまくってうち1本をトライに持って行かれる等ビミョーな出来でした。余裕で蹴り出したキックが、レフェリーに22メートル外のダイレクトタッチと判定された(んだと思う)時の驚愕の顔には結構萌えた。
まあこの夜の敗戦は連帯責任です。絶好の位置のラインアウトがディミトリ師匠のピザスローで思いっきり戻されるのはせつない。SHがなあ、オールシッグはキックは正確なんだけど肝心なパスがなあ…というのはクレルモン対モン=ドゥ=マルサンのミニョーニと見比べて思ったことだった。準決勝、非常に心配。


シーズン前半戦は不安定なパフォーマンスが続いたクレルモン。前節はペルピニャンに僅差で敗れたものの、ブリーヴ戦の大勝に続き、モン=ドゥ=マルサンに対し圧倒的な力の差を見せつけて勝っています(66-3)。ナラガのハットトリック、ルージュリーの2トライなど計10トライをマーク。強い時のクレルモンはまったく止められる気がしません。ドハデなトライ・ショーは公式のASM Liveでどうぞ。
http://www.asm-rugby.com/

パツキンのお兄さんこと主将のルージュリーは、「決勝ラウンドの対戦はこんなじゃない。集中を欠かないようにしないと」、と慎重です。
この試合で素晴らしいトライを挙げたルージュリーも、代表には久しく招集されていません。代表スタッフの目にはルージュリーは創造性の面でやや劣る、という理由らしいですが…好調なんだけどなぁ。

↓はブリーヴ戦でパリソンを仕留めた瞬間。「若造、10年早いねん!」とか、そういうんじゃないでしょうけど、まあ。

Clermontbrive

|

« Top14第25節 | Main | 週末のパリソン »

Comments

ね、練習着に見えますよね(前の記事へのコメントですが)。

また、雨の中、一生懸命に応援したのに、新スタジアム建設のために署名もしたのに、ステファン・グラの引退試合だったのに、ダメでした。。。
どうも、トライを取るオプションが今季は少ないと思います。いろいろ問題ありそうですね。プレーオフもどうなることやら。

ヤシュヴィリは完全復活ですね!ドロップの瞬間はうなりました。トライシーンもバウンドのせいだと思ってたので、後で映像を見て、改めてヤシュヴィリの‘こずるさ’が戻ってきているのだなと、嬉しい限りです♪
ビアリッツはまだまだ問題山積みだろうけれども、どうやらスランプは脱したようですね。

Posted by: machvili | 2009.05.15 at 08:07

襟の開きのせい?というか今回はなんかジミですよね。微妙に値上がりしてるし。

応援と署名お疲れ様でした…。そもそもマッケンジーでいいんでしょうか。
ただ、シャバン=デルマスでトゥールーズとやるよりは、4位通過でジェルランでペルピニャンの方がまだマシな気も…ボルドーはキツイし。
ソバドがラシンへ行くとか、残念なニュースもありますね。ベテランも次々引退、過渡期なんだと思いたいです。

ヤシュヴィリのDGは敵ながらPCの前で思わず拍手しましたよー。あの気の強さ、こずるさ。これぞヤシュヴィリですね!あとはもうちょっと絞るといいかな、と思いながら見てました。

Posted by: つき | 2009.05.16 at 01:15

ソバドはデュピュイと同じで一年契約が残っているとか聞きましたが、出たがっている選手をパリが引き止めるとも思えませんから。
まだ正式発表ではないけれど、もしソバドがいなくなったら寂しいですね。彼が調子のいい日は、数年前のパリが生き返るような印象がするんですけどね。

最終節を前にして、1位2位だけ準決勝の場所が決定されたのにはびっくりです。不公平この上ない。
そもそも「地理的公平性」の原則はどこへ?トゥールーズからボルドーまではすぐです。それも金曜日の夜じゃ、遠い場所のチームのサポーターはこられませんよ。
トゥールーザンだらけだった去年のボルドーが一瞬頭に浮かびました。。。

Posted by: machvili | 2009.05.17 at 09:46

ラシンの会長、ロランゼッティでしたっけ、なかなかえぐそうですねー。トゥーロンのブジェラルはあれでもオタのロマン的な可愛げがあると思うんですが。ソバド、契約を解除するのでしょうかね。残念だけど、彼の幸運を祈ります。

>最終節を前にして、1位2位だけ準決勝の場所が決定されたのにはびっくりです

いつもは全節終了後だったんでしたっけ?なんでだろう…。結局リヨンでペルピニャンに決まりましたね。土曜ならサポも応援に行けそうですね。
しかし2位3位対決は恐ろしそうです。クレルモンはリヨンでやりたかったかもしれないですね。

Posted by: つき | 2009.05.19 at 01:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44993363

Listed below are links to weblogs that reference ビッグクラブの底力:

« Top14第25節 | Main | 週末のパリソン »