« 追記 | Main | 旅人ミシャラクさん »

2009.05.26

ジロ・デ・イタリアいまさら日記 第13ステージ

トゥールーズのバラ色、フィレンツェの黄色。伝統的な町並みの色は様々です。13ステージのゴール地点フィレンツェの建物の黄色みがかった壁は、ピエトラ・フォルテと呼ばれる地元産の砂岩の色で、朱色の屋根とのコントラストがきれいです。
私が欧州のスポーツを見たり、風景を見るのが好きなのは、つまりは日本では近年失われてしまった景観や精神的価値へのノスタルジーなのかもしれないな、と思うことはあります。たぶん私はものすごく日本人なんでしょう。

そんなわけで私は自転車ロードレースのチームスポーツ的側面が好きです。その点チームコロンビアはカヴェンディッシュという高速エーススプリンター(なんだよね?)を擁しながらも、チームで勝つという透徹な哲学を感じて好ましい。しかもういういしい。
ういういしいボアッソンが第7ステージで勝った時、カヴだったと思うけど、そのすぐ後をガッツポーズしながらゴールに入ってきたのが印象的でした。ここのチームが勝った時の、「みんなアシストありがとー!!」タイムはいいよね。

カヴについて感心するのは、その学習能力の高さ。いやシャンパンの開け方のことじゃなく(これは確実に進歩した)、このステージのスプリントでも第2ステージと同じミスは犯さなかった。
で、取るものを取ったらツールに備えてフィレンツェ近郊の自宅に直帰したそうですね。相変わらずサッパリしてる…

Cav531b

|

« 追記 | Main | 旅人ミシャラクさん »

Comments

カヴェンディッシュ、取るものをとってさっさとGiro終了です。老雄?ペタッキも一矢報いることができたのは、イタリアのファンにとっては良きことでした。
Giroも終盤を迎え、いよいよ山岳でのがちんこ勝負。サストレの、地味ながら腹にこたえるアタックが光りましたが、個人的には、チームメイトのエース・ライプハイマーをアシストしたアームストロングの姿にしびれました。

ラグビーでは、遅ればせながら録画を見たChiefs vs Hurricanes。これは、絶品ですね。ムリアイナのトライにはしびれました。ドラマさながらに、試合の幕切れは霧の中。すばやくグラウンドレベルでのカメラに切り替えて、中継もスムーズ。やはり、NZは本場だなぁ。

Posted by: neuron | 2009.05.26 at 21:43

さすがにラグビー、サッカーシーズンとの並行はキツくて、カヴと一緒にリタイヤしてました…(ダメすぎ)。でも今日は見ます。とんでもないコースだそうですね。そりゃカヴも帰るわ…

ペタッキとカヴはスプリンターとしてよく比較されていますね。2人の新旧対決は見ごたえありました。カヴも今回のペタッキとの対決で学んだことも多いだろうし、いつかペタッキが引退しても、それは引き継がれていくわけですね。

>Chiefs vs Hurricanes
見逃してしまいました…。再放送があるようなので見ますね。教えていただいてありがとうございます。
ブログ持ってるために試合見てる暇がない、というのはまったくもって本末転倒なんですが…・

Posted by: つき | 2009.05.27 at 15:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/45097352

Listed below are links to weblogs that reference ジロ・デ・イタリアいまさら日記 第13ステージ:

« 追記 | Main | 旅人ミシャラクさん »