« ニュースみっつ | Main | さよならムッシュ・リュグビ »

2009.04.28

いろいろあったTop14第24節(とProD2)

・週末のTop14の結果、アウェイでカストルに勝ったスタッド・フランセ(16-21)が新たにリーグ準決勝進出。
ペルピニャンに敗れたクレルモン(20-16)もディフェンシブボーナスを獲得し、さらにバイヨンヌとブリーヴが敗れたため準決勝のチケットを手にしています。今季の準決勝を戦うのはペルピニャン、トゥールーズ、スタッド・フランセ、クレルモンの昨年と同じ顔ぶれ。


・欧州カップ出場枠と、残留をめぐる戦いは続いてます。順位表の一番下に目を移すと、ダックスとモン=ドゥ=マルサンのランド・ダービーは、13位と14位による残留争いの直接対決となりました。
土砂降りの雨の中、勝って残留の望みをつないだのはダックス。モントワは2部降格が決定。まだ10位カストルまでの1チームに降格の可能性がある。


・ProD2では、日曜の試合でルニオン・ボルドー=ベグルを破ったラシン=メトロが9年ぶりのTop14昇格を果たしてます。というかベジエが最下位で降格ですわ。


・リーグ大詰めの熱い戦いが続く今節もまた大勢の怪我人が出ましたが、特にティユス=ボルドゥはスタッド・フランセ戦で膝に捻挫を負って5、6週間の離脱…つまり6月のテストマッチに出られない可能性が大です。


・ビアリッツは、前節ベロドロームでトゥールーズを下し意気上がるトゥーロンをホームで破って5位浮上(19-12)。いつ見ても荒れてるような気がするトゥーロンはまたも3人シンビンを出してますが、ここの場合はやっぱディシプリンか…
各試合ともずいぶんカードが飛び交った節でした。数えてみたら全試合で計17枚、カードをもらわなかったチームはダックスだけ。ためしに今季ここまで各クラブに出されたカードの数を合計してみた。ぶっちぎりトゥーロン(やっぱりか)、優良クレルモン。バス太郎とロンセロ大先生を擁するスタッド・フランセの赤3枚は、まあこんなもんでしょう。
数え間違いがあるかもしれないけど、ご参考までに

ペルピニャン     10
トゥールーズ     8
スタッド・フランセ  13+赤3
クレルモン      6
ビアリッツ      12
バイヨンヌ      14
ブリーヴ       15+赤1
モントーバン     10
モンペリエ      9
カストル       14+赤1
トゥーロン      20+赤2
ブルゴワン     11+赤1
ダックス       9
モン=ドゥ=マルサン 7+赤1


・またこの24節では、2005年のTop14発足以来初めて、1節の各試合の総得点が200点を下回ったらしい(199)。1試合平均約28点ですね。前の記録は昨季の4節(207)。レキップは「みじめな記録」、と。


・本当にめんどくさいエントリだった。

|

« ニュースみっつ | Main | さよならムッシュ・リュグビ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44811736

Listed below are links to weblogs that reference いろいろあったTop14第24節(とProD2):

« ニュースみっつ | Main | さよならムッシュ・リュグビ »