« 兄弟の10年 | Main | さらば欧州カップ »

2009.04.15

出張普及推進委員会 パリ~ルーベ

Hauss2ハウスラーがアミガサタケにしか見えない。惜しくもサンレモではソテーされてお皿の上に。


さて普及推進委員会とは、正式名称ムチムチ系普及推進委員会。普及推進を名目に、主にラグビー1列の、主に胸筋に対する思いの丈をつづるエントリであります。

そんな当委員会にとってパリ~ルーベは、石畳の上を疾駆する王者ボーネンさんのいろんなところが振動でぶるぶるしているのを堪能するためのレースと言って過言でありません。自転車レースというよりはダカール・ラリーのよう。残り数キロのところで先頭集団にまさかの落車発生、背後の阿鼻叫喚を振り切って独走するボーネンさんの阿修羅のごとき走りは圧巻でした。

それにしても、あまりに「熱狂的」な沿道のベルギーの観客。ボーネンさんがついついイケナイものに手を出してしまった気持ちが若干分からないでもありませんでした。プレッシャーもありそうだけど自分を大事にね。
最後に先日のTop14トゥールーズ対スタッド・フランセの試合後、パリジャンに対するブーイングの嵐について、現地ラグビーフォーラムでトゥールーズサポーターと思しき2名が議論していた時の書き込みを、うろ覚えですが書き留めておきましょう。

「我々のリーグには、ブーイングされて当然な選手などいない。もし君がいつかラグビーのマイヨを着ることがあったら、すぐにそのことが分かるだろう」

Boon

|

« 兄弟の10年 | Main | さらば欧州カップ »

Comments

いや~、毎年面白い展開を見せてくれます、このレース。
自分でこけて、その後先頭集団でのつばぜりあいのときにバイク交換。他の皆さんのご協力もあり、なんとか集団復帰したと思ったら、今度は他の人たちが転倒… でも、後ろだったから分かんなかったし、無線でも情報入らなかったので、そのまま独走して勝っちゃったもんね~、のBoonenさんでした。もちろん、ずば抜けた実力があるからこそ、独走できたわけですが。

それと、ピンクの百合の模様がついたブラザーの複合機、我が国での発売を折に期待しております。

Posted by: neuron | 2009.04.15 at 21:04

実況解説陣、それとなく雨天を期待してた雰囲気でしたね。しかし雨でなくてもすごいレースでした!

バイク交換で遅れたボーネンを助けたのがポッツァートのカチューシャの(?)チームカーというのには「いい話やー…」と思ったのですが、いやー、レースは厳しいですね。先頭集団に面白い顔ぶれがそろって、最後に落車が起きずに集団スプリントが見られていたら、もう言うことなしでした。ボーネンはさすがの貫禄でしたね!

花柄プリンタは残念なことに、フランス国内の販売店で二万五千台限定らしいのです。ちょうどウチの5年ほど使ってるプリンタが調子悪いんですよ。う~ん…

Posted by: つき | 2009.04.16 at 17:20

Greatings, I have already seen it somethere...
Have a nice day
Zoran

Posted by: Zoran | 2009.04.18 at 04:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44658507

Listed below are links to weblogs that reference 出張普及推進委員会 パリ~ルーベ:

« 兄弟の10年 | Main | さらば欧州カップ »