« 週末のTop14とりあえず一言 | Main | メダール君とFW »

2009.04.21

Top14第23節

【トゥーロン×トゥールーズ 14-6】
ハイネケンカップの雪辱の意志もあるにせよ、何よりリーグの準決勝、決勝を視野に入れて終盤戦を戦わなければならないトゥールーズ。トゥーロン戦@ベロドロームにも主力の多くを休ませたり、大事を取らせたり、ベンチに置きました。試合の方は、双方のモチベーションの差がもろに出たかなという。

ミシャラクのキック成功率は目下やっとこ50%を越えたところらしいですが、この日のゴールキックもまたまたお茶目さん。もっとも前半はトゥーロンの10番フォーケのキックもパッとせず、いずれにせよハーフタイムまでは、Top14ではあんまりお目にかかれないレベル(低)のキックの応酬が展開されていたわけです。
3-0で折り返して後半に入り、依然、57,039人の観客を集めたこのビッグマッチの勝利と1部残留に燃えるトゥーロン。トゥールーザンは早々に、あやうくトゥーロンの(よりによって)プロップにランニングトライを奪われそうになりますが、これはコリンズのスローフォワードが取られました。なんだかやばい流れでないの?と思った直後にトゥーロンのFBルーニーが鮮やかなトライ(47分)。

ギ・ノヴェスはここでクレール、エリサルド、プルース、セルヴァ、フリッツといった主力を一気に投入。肘の脱臼で離脱していたエルサルドが入った時には、現地チャットのトゥールーズファンたちもジャン=バキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!状態です。
エルサルドが入ってキックは安定したんですが、いったんノせてしまうとこれほど厄介なチームもないのがトゥーロン。さすがにポテンシャルは高い。
トゥールーズの交代の直後に、この日あんまり決まる気がしなかったフォーケのDGがあっさり決まる。また途中、来季はトゥールーズに行くマエストリのシンビンという気の早いアシストがあったにもかかわらず、トゥールーザンは数的優位を生かせない。逆にトゥーロンに1PGで突き放されて(72分)万事休す…。トゥールーズの得点はエリサルドによる2PG。ボ-ナスポイントも逃し、現在リーグ2位。

ここのところ残留を目指すチームの団結に触れて、頭の中が青春ドラマ状態になっているらしきブジェラル。ロッカールームで大はしゃぎでPilou-Pilou をやります。これでもうちょっとラグビーの精神やクラブ経営とは何ぞやを学んでいただけるとありがたい…んだけどな。現在11位(41pts)。


【ビアリッツ×ペルピニャン 12-10】
ボール争奪で優位に立ったビアリッツ(スクラムで対面のマスを持ち上げたバルセラ凄ス…!)がホームで勝利。現在7位で、来季の欧州カップを狙える可能性のある位置につけています。
敗れたペルピニャンもボーナスポイントを獲得して、トゥールーズとポイントで並んでリーグ首位。04年12月以来の首位だそうです。これで準決勝進出も確定したということかな。観客席にはリハビリ中のダン・カーターの姿。
画像はスクラムで「シャンパンの栓のように」浮き上がるマスたんです。

Bousap


【スタッド・フランセ×モンペリエ 24-15】
3連敗中のスタッド・フランセでしたが、ブリーヴがクレルモンに敗れたため、この勝利で準決勝の出場権がぐっと近づきました(4位、72pts)。しかしそのしょっぱいパフォーマンスにはドミニシもおかんむりの模様。
ここ最近毎試合のように流血しているスザルゼウスキは、この試合で目のあたりを切って13針縫ったらしいです。


【バイヨンヌ×ブルゴワン 61-10】
チャレンジカップ準決勝進出を決めたばかりのブルゴワンが、バイヨンヌのホームで完膚無きまでの大敗。バイヨンヌは今季Top14の大勝記録だそうです。
ブルゴワンは降格圏ぎりぎりの12位(39pts)ですが、今季はクラブが200万ユーロの赤字を出してしまったらしく、シーズン末までになんとかしないと、順位にかかわらず問答無用で降格のお仕置きが待っています。ヒー…

また、10連敗中だった13位ダックスはモントーバンのホームで執念の勝利を挙げ(15-20)、残留争いに希望をつないでいます(33pts)。

|

« 週末のTop14とりあえず一言 | Main | メダール君とFW »

Comments

わーい、トゥーロンおめでとーう!!
初ベロドロームで、満員御礼で、相手がトゥールーズで、勝っちゃうなんて、マックスの弟分ながら、天晴れ天晴れ。
それにしても、ポワトルノーさん、冴えてましたね♪

パリも雨なのに、たくさん人が入ってましたよ。久々の安定した勝利にほっとしてますが、なぜにボーナスポイントを取りにいくことができないのか、そこが不満というか、心配です。

ビアリッツvsペルピニャンのスクラムは衝撃でした。
この↑直後に交代で、そのまま控え室に消えていったマスの背中にいろいろなものが見えました…。

Posted by: machvili | 2009.04.22 at 07:04

トゥーロン勝ちましたねー!ここはノるとほんとコワイわ。
ブジェラルはやっぱり弟分?彼は単なるオタみたいなのでまだしも、私、あの辺りでラグビーが盛んになると、なんかベルナール・タピみたいな会長が出てきそうでちょっと心配だったりするんです。

>パリも雨なのに、たくさん人が入ってましたよ

マルセイユは良い天気だったのに。傘さして見てる人いましたね。早く新スタジアム建設が決まるといいですね。
そういえばモンペリエにトマじゃない線の細いSHがいるなーと思っていたら、パリのエスポワールにいた子だったんですね。怪我したみたいだけど…

パリジャンはどうしたんでしょうね、サンドニ症候群でしょうか。

>ビアリッツvsペルピニャンのスクラム

凄かったですねー…!私あんなの見たの初めてです。ビアリッツFW一世一代のスクラムですね。バルセラは無神経そうだけど馬力はありそうなので、経験積んだら頼もしい代表プロップになってくれるかも…。
マスはちょっと心配ですねぇ。プロップが持ち上げられるって屈辱でしょう。スランプに陥らなきゃいいんだけれど。

Posted by: つき | 2009.04.23 at 01:42

ジャン・ブワンの改装は、また横槍が入ったので無理そうです。純粋に政治的な戦いなだけに、がっかりですね。

モンプリエのSHで出ていたのは、ブノワ・パイヨーグですね?普段はSOですが。せっかくの凱旋試合だったのに、即効怪我をしてしまって残念です。
ゲーム感の鋭い、頭のいい選手というのが個人的な印象ですが、いかんせん、この体形なのでSOで活躍するには、独自の道を編み出さなくてはなりませんね。がんばれ!

Posted by: machvili | 2009.04.27 at 07:54

>ジャン・ブワンの改装は、また横槍が入ったので無理そうです

まー、誰が? このゴタゴタ、事情がよく分かりません。政治家はいざというときには当てにならないですねぇ。せめてお客さんが雨に濡れずに観戦できるといいけど…

>ブノワ・パイヨーグ

そうそう、その彼です!前に記事の中でちょっと触れたことがあるので、覚えてました。エスポワールの主将でしたっけ。モンペリエに行ってたんですね。
トップチームに上がってくるのを楽しみにしていたんですが、(ブラウア君もそうだけど)あの体格だと昨今はやっぱり難しい…。若手の起用には定評あるモンペリエ、頑張ってほしいですね。怪我が大したことないといいけれど。

しかしデュピュイは残留とか何とか…どうなるんだろ補強。

Posted by: つき | 2009.04.28 at 00:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44741448

Listed below are links to weblogs that reference Top14第23節:

« 週末のTop14とりあえず一言 | Main | メダール君とFW »