« 移籍市場佳境へ | Main | カヴの涙 »

2009.03.25

ブロディーの夜、その後

見た目は怖いけど優しい人だよ、と評判のシャバルさんですが、思いのほか酒癖は悪かったローマの夜でした。イタリアのメディアによれば、115kg対122kgの最重量級場外乱闘の翌日、アルコールの抜けたシャバルさんは深く反省し、どこでアドレスを聞いたものやらカストロジョバンニにお詫びのメールを送ったらしい。
カストロジョバンニから返信があったかどうかまでは伝えられていないようだけど、しかし実際4月4日にはレスター・タイガースとセール・シャークスの対戦があり、両者は今度はグラウンドで直接話をつける予感。

さてシャバル(虎バージョン)の目を釘付けにしたというカストロジョバンニの彼女は、Giulia Candiagoさんというイタリアのスキー選手なんだそうですね。↓の真ん中の方らしいですが、さすがイタリア、これは見ますわ。
http://www.gazzetta.it/foto_del_giorno/home/2008/12/17/calendari.shtml

|

« 移籍市場佳境へ | Main | カヴの涙 »

Comments

イタリア戦での豪快なトライの夜にこんな事件があったとは・・。
シャバル自身やラグビーのイメージダウンになりかねない残念なニュースですが、各国の威信を掛けて戦っている割には最後にこんなマンガみたいなオチを用意しているシックスネイションズは素敵過ぎます。
先月のヘンソンといい、やはりスター選手は世間やメディアからの過度のプレッシャーと試合での強固なディシプリンの要求のために日常的に相当なストレスが掛かっているのですね。

にしても来週末にはセールとレスターのゲームがあるなんてタイミング良過ぎです。
マックスなら待ってましたとばかりに急遽会場をトゥィッケナムに変更し、あらゆる手段を使って裏シックスネイションズと言うべきこの世紀の一戦の大宣伝を行うのではないでしょうか?
う~ん、やはりこの猛獣にラシンはもったいない気がします。

それと、家族のためにフランスに戻るのに奥さん激怒でフランス国内で単身赴任なんてことにならないかが心配です。

Posted by: シャベル | 2009.03.25 at 23:55

ワイルドという点に限ってはイメージぴったりな話(ブルーザー・ブロディー…)でしたが、アフターマッチでふつー殴り合いはやらないですよね(;´Д`
いろいろあった大会だったので、ついつい酒量が過ぎちゃったのかもしれませんが、なにぶんイタリアのメディアが伝えることで、それなりに話が大きくなってるような気もします。まあたまにはこんなニュースもいいか、と。

>来週末にはセールとレスターのゲームがあるなんてタイミング良過ぎです

シャバルはメールを2通送ったそうですが、結局返事は来たのかどうか。でっかいシャバルが携帯でちまちまお詫びメールを打ってるところを想像するとおかしいです。まさに世紀の一戦(格闘技的に)。この試合は見たいですね!

>奥さん激怒でフランス国内で単身赴任
愛妻家のシャバルなので、まあ大丈夫じゃないかな…?あやふやな記憶なので正確でないかもしれませんが、奥さんと子供達はたしかシャバルの故郷にいるので、どちらにしても単身赴任らしいのです。

Posted by: つき | 2009.03.26 at 16:26

ブロディーとは、やはりブルーザー・ブロディーのことだったんですね。私もシャバルを最初に見た時から似てるなーと思ってました。
ブロディ亡き今の世の中で移民の歌が似合うのはシャバルしかいませんね。

Posted by: シャベル | 2009.03.27 at 00:59

私は最初ブロディーのことは知らなかったんですが、以前似てると教えていただいて、写真を見てびっくりでした。
シャバル入場と共に「アアア~」、いいですねえ。スタッド・ドゥ・フランスも気をきかせてくれればいいのに。というか「移民の歌」はスタッド・フランセのホームゲームでスタジアムで流れてますよ。たしかペナルティを取られた時。シャバル、来てほしかったなあ…

Posted by: つき | 2009.03.27 at 21:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44462443

Listed below are links to weblogs that reference ブロディーの夜、その後:

« 移籍市場佳境へ | Main | カヴの涙 »