« 王子と美女のドルチェ・ヴィータ | Main | 移籍市場佳境へ »

2009.03.23

シャバル最強伝説2・場外乱闘編

・09年のシックスネイションズはアイルランドの61年ぶりグランドスラムで幕を下ろしましたが、今週は恒例の落ち穂拾いをいたします。
チームが批判にさらされる時、サッカーなどでは責任の押し付け合いで仲間割れすることもままあるけれど、そこはラグビーの連帯です。トゥイッケナムのデカリャンピン対決で尻の毛までむしられた雄鶏さん達でしたが、「こんな時こそ焼き肉だ!」というわけで、イタリア戦をひかえた木曜のお昼にはエマンス主催、シャバル後援によるバーベキューが催されたらしい。スポーツマンのこういうシンプルなとこは好き。


・さてそのシャバル。このシックスネイションズは序盤から「ラックさぼんな」と批判され、フランカーに回されてまた批判され、最後の最後にイタリアディフェンスをなぎ倒し引きずって1トライを挙げるという、毀誉褒貶の大会でした。そんなフラストレーション状態(たぶん)のシャバルさんに、大会の打ち上げでアルコールが入ったら…というお話です。
イタリア戦のアフターマッチ・ファンクションで、ローマ市内のクラブArt Café に出かけた両代表。その席でシャバルがカストロジョバンニにパンチを食らわした事件の顛末をイタリアの通信社が伝えてます(;´Д`

あくまでもANSAの伝えるところによればですが、カストロジョバンニはしたたか酔ったシャバルが自分のガールフレンドにぶしつけな視線を送りまくるのが気に入らず、止めるように言ったところ、顔面にシャバルのパンチがヒット。これが俺の答えだぜ。両チームメイトが慌てて駆けつけ、鼻血を流すカストロジョバンニとトラ化したシャバルを引き離した模様。
真相は分かりませんが、これは割って入りたくない。むしろ麻酔銃を使用すべき局面ですね。もちろんフランス代表はイタリア代表に平謝りしたらしい。


・トラにもなるけどネズミにもなります。(左上のリンクから動画も見られる)
http://www.parismatch.com/People-Match/Spectacles/Photos/Diaporama-Happy-Birthday-Mickey/

これはミッキーマウスの80歳の誕生日を祝ってディズニーランド・パリで4月から始まるアトラクションとの連動企画らしく、スポーツ、音楽、映画、デザインなど各界の著名人がミッキーの耳をアレンジする、というもの。このミッキー帽はDrouot-Montaigneに展示された後チャリティオークションにかけられます。
シャバルのはヘッドギアにボール型のツゲの耳を取りつけ、お花でちょっと優しさをプラス。奥さんに手伝ってもらったそうです。奥さん泣かすなヨ。

|

« 王子と美女のドルチェ・ヴィータ | Main | 移籍市場佳境へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44443740

Listed below are links to weblogs that reference シャバル最強伝説2・場外乱闘編:

« 王子と美女のドルチェ・ヴィータ | Main | 移籍市場佳境へ »