« 3日休むとどうでもよくなるのが更新 | Main | Top14第18節始末 »

2009.03.05

イングランド戦の23人

イングランド戦のメンバーに変更は4つ。トライユ、フリッツ、ボネール、チオンが入って、バビー(負傷)、ポワトルノー、ピカモール、ウドゥラオゴが外れます。より経験のある人選になりましたが、スタッフは現時点での好調を重視したにすぎないと言ってます。

ウェールズ戦の勝利にもかかわらず手直しを行ったのは、チームをリニューすることでその活性化、いい意味での競争意識を喚起したいという狙いがあるみたい。なので、メンバーを外れる選手は「追放されたのではない」とリエヴルモンは重ねて強調しています。
実際ウドゥラオゴはウェールズ戦のパフォーマンスで好評価を受けた後でチームを離れるわけですが、ピカモールに関しては、好調アリノルドキの陰で、今回のシックスネイションズで彼に与えられた出場機会はその真価を示すのには短すぎました。

スタッフはBKをあまりいじりたくはなかったようだけど、例外はトライユです(フリッツはサスペンションが明けて怪我のバビーに代わった)。チオンと共に最近のビアリッツの復活に貢献しているトライユは、センター、FB、そして何よりSOをこなせるポレバレンスが評価されての招集。大会前の合宿の時は、たしかたまたま病気か何かで呼ばれなかったんですナ。
イングランド戦の鍵になるであろうキックのセクターで、トライユは正確なキック力を持っていますが、キッカーを務めるのは引き続きパラだそう。何かにつけていつも冗談を言うヌタマックは、「我々はキッカー多すぎだな!」、だって。

イングランドのFWに対抗するため、チオンの代表復帰はチームに重さとパワーをもたらすものと見られます。この選択はつまりシャバルが3列に戻ることによって可能になったわけですが、スタッフはシャバルを№8ではなくフランカーとして試したがっています。ピカモールが外れたので、アリノルドキのもしもの怪我の際には彼のポリバレンスが役に立つでしょう。
クレルモンでベストコンディションを取り戻したボネールは、ラインアウトに安定感をもたらすことが期待されます。

さてこのリストの中に、多くのメディアが予想したルージュリーの名前はありませんでした。スタッフは実際彼の復帰も検討したようですが、やはりメダール、マルジュー、エマンスのトリオをもう一度見たかったと。一部ではヤシュヴィリの噂も出たけれど、リエヴルモンはパラとティユス=ボルドゥを継続して使いたい模様。


Avants : Barcella, Faure, Marconnet, Domingo, Szarzewski, Kayser, Nallet
(cap.), Millo-Chlusky, Thion, Chabal, Dusautoir, Harinordoquy, Bonnaire

Arrières : Parra, Tillous-Borde, Trinh-Duc, Fritz , Jauzion, Bastareaud,
Traille, Malzieu, Heymans, Médard

|

« 3日休むとどうでもよくなるのが更新 | Main | Top14第18節始末 »

Comments

追放って…、代表は宮廷かなんかですか。。。

とうとう、ウエちゃんまで捨てられてしまいましたね。首脳陣の頭の中では未来のキャプテン的な存在なのだと思っていたんですが。バックスのキャプテンだったエリサルドも呼ばなくなったし、そのうちナレもいなくなりますかしら?

今回の選手選考はずいぶんと‘クラシック’になった気がして、おおむね納得がいきます。サプライズがなくて寂しいくらい。トライユならケサダも文句ないでしょう。
それにしても、フランスにはポリバランスな選手が多いのに、現代表はどうしてキッカーやら10番やらがいなくなるんだろう(笑)

イングランド戦はどういう戦い方をするのでしょうね!まあ、たぶん、オーソドックスに行くんだろう思いつつ、まったく読めないので…。

Posted by: machvili | 2009.03.06 at 04:51

あっすみません、ちょっと訳大げさだったかも。(Ils ne sont pas ecartes です)

>とうとう、ウエちゃんまで捨てられてしまいましたね
相手がガタイのいいイングランドだし、ターンオーバーの一環と思いたいですよね…。3列はいい選手が多いから、まだテストが続きそうな気がします。ニヤンガとか呼ばれないのかな?

リエヴルモンはナレの起用にはかなりこだわりがあるようですね。もしかしたら自分に似た面を感じているのかも。

>サプライズがなくて寂しいくらい
私もなんだかすっかり麻痺してます…冷静に考えるとやっぱりあんまり尋常でないんですが(ハーフ団とか)。ルージュリーは見たかったな。
怪我がちなボクシス、メンタルが不安なスクレラ…なかなかうまくいきませんね。ヤシュヴィリは復調してきているようだけれど。昨今のラグビーはポリバレンスが重要視されるけど、かえって専門職が育ちにくいのでしょうか。

イングランド戦は向こうもあの調子だし、予想がつかないです。タフな試合になりそう…

Posted by: つき | 2009.03.06 at 18:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44249768

Listed below are links to weblogs that reference イングランド戦の23人:

« 3日休むとどうでもよくなるのが更新 | Main | Top14第18節始末 »