« ウェールズ戦スタメン | Main | 一級釣り師 »

2009.02.26

恒例・リエヴルモンの弁明

現状でできる最良のチーム、最良のハーフということらしい。ちょっと言い訳聞いてみましょう。

「バビーはこの5、6試合我々の第2SOであるし、トラン=デュックは月曜に合流したばかりだ。バビーはクラブで10番としてほとんどプレーしていないが、彼はこのポジションでプレーするためのクオリティをすべて備えていると我々は思う。パラはキッカーを務める。しかしバビーは彼を助けることができるだろう。この状況についてはそれぞれの判断にお任せする。しかし現状ではこの選択を取らざるをえなかった。もし勝てば我々が正しい*。負ければ我々は無能、馬鹿者とみなされるだろう」
(リエヴルモン談)

*"on aura raison"とするソースと、"on sera des génies"(天才)とするソースがある

クレルモンでほとんどSOをやったことのないバビーと、ブルゴワンでほとんどキッカーをやったことのないパラ(あそこのキッカーはボワイエとLaloo)による初組み合わせのハーフ団で、大会の大本命ウェールズに立ち向かいます。
スクレラを呼ぶという手もあったが彼は復帰後2、3試合しかプレーしていないから、ということらしい。どちらがよりリスキーなのかはよく分かんないです。

代表にキックを指導しているケサダは、本職のキッカーが1人もいない件について、スタメン発表の前にコメントしました。彼にとってフランス最高のキッカーはボクシス、ヤシュヴィリ、エリサルド、スクレラ。ヤシュヴィリは週末のブリーヴ戦で、5本のPGをすべて決めています。
「私は自分の考えを言うが、リエヴルモンとはいつも意見が一致しない。ウェールズのディフェンスはシックスネイションズ最高だ。多くのトライを期待してはいけない。クラブの本職のキッカーと、ハイレベルの試合に慣れたキッカーなしですませるのはささいなことではない。金曜にはコーチ陣が間違いを犯したのかどうかが分かるだろう」

しかしケサダは、パラは自分が代表で指導した中で一番上達した選手だ、と彼を励ましてもいます。20歳の若者にとっては重責です。
その他、ポワトルノーがベンチでFBにはメダール。ウィングにマルジュー。センターでジョジオンと組むのはバスタロー。そして2列にはシャバルが戻る。今回は幾分パワー重視という感じ。1列にはマルコネが戻ってきました。

|

« ウェールズ戦スタメン | Main | 一級釣り師 »

Comments

もうすぐ始まりますな。
いきさつはどうあれ今回の選択が良い化学変化を起こしてくれることを期待してます。

ウェールズは先日一悶着あって謝罪したばかりのヘンソンがリザーブに名を連ねています。
この件で世間に何と言われようが試合には絶対勝つといった気合がウェールズ陣営にはみなぎってますね。
是非とも跳ね返してもらいたいものです。
頑張れバス太郎。

Posted by: シャベル | 2009.02.27 at 23:33

シックスネイションズは目標設定下方修正済みなので、大一番の前ですが余裕です。ウェールズ戦の個人的目標はディフェンシブボーナス(低!)
ほんとにうまくいってほしいですよね…。太郎君がウェールズディフェンスを引きずりながらトライを挙げる姿が見たいです。

ヘンソンは、何やらかしたのかと思ったらパブで武勇伝ですか (;´Д`
その鬱憤をフランス相手に晴らすというのもなんか理屈に合わない気がしますが、どちらもいい試合を見せてもらいたいです…

Posted by: つき | 2009.02.28 at 02:00

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44181576

Listed below are links to weblogs that reference 恒例・リエヴルモンの弁明:

« ウェールズ戦スタメン | Main | 一級釣り師 »