« マラドーナ御大の代表愛的生活 | Main | シックスネイションズ開幕駆け込み更新  アウェイは大変 »

2009.02.06

FWの立場

Dim090206昨年のアイルランドとの対戦を振り返ってみれば、それは前半のクレールのハットトリックと、後半の…スクラム大崩壊であります。

FWにとってペナルティトライがいかに屈辱的なものなのか、という話なのですが、この苦い思い出についてスザルゼウスキ(彼自身は後半は交代で下がっていた)は、「余計にモチベーションが上がる」と主張。
あれから代表FW陣はスクラムのトレーニングに励んで、秋のテストマッチではこの点ではむしろポジティブであったと。「今度はスクラムでペナルティトライは取られないと思うよ(笑)」

スザルゼウスキといえば、この間のスタッド・フランセとペルピニャンの試合の時に、スクラムでいったん当たったペルピニャンのHOがクラクラしてしばらくスクラムを組み直せなかった(?)…というような場面があったんですが、あれは…


Chabal0902さてアイルランドのフロントファイブがそのまんまマンスターであることから、ハイネケンカップでマンスターと対戦したばかりのシャバルにその話が振られています。シャバルはアイルランドのオートマティズムを警戒してます。
「スクラムではアイルランドは俺達ほど強くないかもしれないが、連中はとても狡猾だ。スクラムはもちろん力の対決だが、とても技術的で戦術的なものでもある」

シャバルは昨年の秋以来、セール・シャークスでたびたびフォールの後ろで2列を務めていますが、それはとてもうまくいっているし、今回の大きなアドバンテージでもあるとのこと。
そもそも彼が2列に入ったのはレギュラーのLOが2人負傷したからだそうで、シャバルの代表でのパフォーマンスを見たサンタンドレが彼をコンバートしたということらしい。
「今、怪我人は復帰してくるところだし、俺がこのポジションでプレーを続けるかどうかは分からない。今後俺が行くクラブにとっては1つのオプションだ」

|

« マラドーナ御大の代表愛的生活 | Main | シックスネイションズ開幕駆け込み更新  アウェイは大変 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/43973208

Listed below are links to weblogs that reference FWの立場:

« マラドーナ御大の代表愛的生活 | Main | シックスネイションズ開幕駆け込み更新  アウェイは大変 »