« ひげなしシャバル | Main | ベンチの理由 »

2009.02.13

シックスネイションズ落ち穂拾い その1

サッカーのフランス対アルゼンチンはアルゼンチンが2-0で勝ったんですが、国歌斉唱で、いつにもまして走るベロドロームのラ・マルセイエーズには笑った。あそこの国民にディシプリンとか絶対無理。

Noves【あとで職員室に来なさい】
どこかのフォーラムで、トゥールーズのギ・ノヴェスコーチを「爵位のないアレックス・ファーガソン」と形容した書き込みを見かけたことがあるんだけれど、うーん、そうだねえ。そのノヴェスが、3週間のサスペンションが確定したフリッツに言及してます。
「私はフリッツをよく知っている。何年か前、彼がデビュー戦で出場停止処分を受けたのを覚えている。私は彼を仕事部屋に呼んだ。それ以来、彼は処罰もレッドカードも受けていなかった」

この時フリッツは、
1・ノヴェスの心からの忠告に反省して行動を改めた
2・二度と問題を起こして呼びつけられたくないと思うほど恐ろしい体験をした
さあどっち!

そのフリッツのサスペンションの間に、リーグでクレルモンをホームに迎え撃たなければならないトゥールーズ。代表のツケをクラブに回されるなどもってのほかであるノヴェスは、インターナショナルマッチの処罰が国内リーグに適用されないよう訴えていく意向。


【自粛中】
リエヴルモンも言及していたけれど、フランス代表の選手達はアイルランド戦の敗戦で相当プライドが傷ついている模様。
代表は今週、水曜の夜に予定されていた嬉し楽しいムーランルージュへのお出かけを中止することを決定。また、大多数の選手は外出許可の出た木曜の午後もマルクシに引きこもっていたらしい。


【叩かれた人達・1】
相次ぐ怪我で不調が続き、スタメン起用が疑問視もされる主将ナレ。リエヴルモンは「ナレは模範的な選手であり、彼からキャプテンマークを取り上げようと思ったことは一度もない」と彼を支持しています。ナレ本人は批判について、
「脅されているような気がする。いずれにせよ、主将であってもなくても、自分が不動のスタメンだと思ったことは一度もない」

アイルランド戦でリーダー達がチームを修正する役割を果たさなかったのではないかと訊かれて、ナレは試合中に起きた説明困難な出来事にも触れました。
「本当のところ、僕達はグラウンドでコミュニケーションの大きな問題を経験した。あんなことが起きたのは初めてだ。これまでにコミュニケーションの問題はなかったし、どうしてメッセージが伝わらなかったのか分からない」

ナレはチームに22メートル内でのプレーをもう少し減らすように言ったらしいのですが、得点するために、チームはパスを回してボールを前に運びたがった。自分達はキックを使うべきだったのかもしれないのに、と反省の弁。


【叩かれた人達・2】
次のスコットランド戦ではベンチスタートになるシャバルですが、リエヴルモンはそれはあくまで個性の異なる3人のLOのターンオーバーである、と説明してます。メディアはシャバルがラックのような2列仕事をほっぽらかして、彼的に楽しいお仕事に奔走していたと批判しているわけなんですが…

「ああ、でもそれはジャーナリストの言うことだ。試合を見直せば、俺がリオネル(ナレ)やロマン(ミロ=シュルスキ)ほど地味な仕事をしていないと見られるのは、まあその通りだ。でも俺は彼らがやらない他のことをしている。人は俺が2列本来の仕事をしないといって非難する。だけどな、きょうび2列ってのは何だ?そこが問題だ。それはやりがいのない仕事に没頭しなければならないプロップと3列の間にある。俺は両者のミックスだ」(シャバル談)


【今週の至言】
「スタッフからの批判は理解する。外からの批判はゲームの一部だ」
(ジョジオン談)

|

« ひげなしシャバル | Main | ベンチの理由 »

Comments

フランスはマルセイユへの神様の降臨におおはしゃぎですよ。負けても嬉しそう(?)

マルク・レ・ブルーには文句言わないように気をつけていますが、シャバルがラックにあまり参加できなかったのは、配置上の問題では?
フリッツはやられてしまいましたね。サンクション委員会は本当にどうにかならないもんですかね…。せっかく堂々の代表復帰だったのに…。
先回の試合はいろいろダメな部分はあったにせよ、ティユス&ボクシスのリンクのよさは褒めてあげたいです。勝たせてあげたかったのにと思ったいたら、ボクシスはいたって冷静。バナナ食べながら「またがんばる」みたいなことを言っていたので大丈夫だと思います。ああ見えて、結構、負けず嫌いなのかも。

Posted by: machvili | 2009.02.14 at 09:55

御大を大歓迎でしたよねー。フランス人って南米のテクニックのある選手大好きですね。敵に「オーレ!」、味方にブーイング、というのを見ると、あーフランスだな、って思います。ドメネクまだやるのかなあ…

>シャバルがラックにあまり参加できなかったのは、配置上の問題では?

リエヴルモンはシャバルの爆発力に期待しているみたいだし、ラック不参加はある程度想定範囲内なんじゃないかという気がしました…。フランスはもともとラックにそれほど人手をかけないような印象があるのですが。

>サンクション委員会は本当にどうにかならないもんですかね

去年ベルガマスコ兄のサスペンションは3ヶ月くらいありましたっけ?あの時はキビシかった。それを考えると「3週間で済んだしまあいっか」、と思えてしまう…いや思っちゃいけないのか…

>バナナ食べながら「またがんばる」みたいなことを言っていたので

そのシーン見たいですw ボクシスは動じない性格らしいですね。何考えてるのかよく分からないとか。若手ハーフ団楽しみですね。ボクシス怪我しないでホシイ…

Posted by: つき | 2009.02.15 at 03:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/44047535

Listed below are links to weblogs that reference シックスネイションズ落ち穂拾い その1:

« ひげなしシャバル | Main | ベンチの理由 »