« Bon retablissement | Main | FWの立場 »

2009.02.06

マラドーナ御大の代表愛的生活

Ffmaradon年末にTVで見たマラドーナ御大のドキュメンタリーは濃かった。遠藤実の『私の履歴書』の1000倍濃かった。あまりに濃くて、これだけで私の1日分の容量いっぱいでした。
ドイツ・ワールドカップの間、御大はアルゼンチン代表の最強の追っかけでした。御大が水色と白のカミセタを振り回せば、そこはもうラ・ボンボネーラ。衝撃の代表監督就任の後も、そのノリはあんまり変わってなさそうな気がします。
“A mi selección los jugadores vendrán por el orgullo de vestir la camiseta"
(私の代表チームには、選手達はカミセタを着る誇りのために来るだろう)

3日発売のフランス・フットボール誌は、11日にマルセイユでフランス代表との親善試合をひかえた御大の特集。Je me dois à mon équipe 、「私には我がチームに身を捧げる義務がある」ですね。時にスポーツを複雑にもするアルゼンチン人のカミセタへの愛。アルゼンチンについて話すことは魅惑的で悩ましい。

|

« Bon retablissement | Main | FWの立場 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マラドーナ御大の代表愛的生活:

« Bon retablissement | Main | FWの立場 »