« ハイネケンカップ・ラウンド6 (1) 勝負はお天気次第 | Main | 月曜の会見から »

2009.01.27

ハイネケンカップ・ラウンド6(2) 

敗退チーム同士のまず中継はなさそうなカードだし、ご面倒をかけるのも申し訳ないので、たたむのやめました。
以下結果バレがあります。

Laportemax


Sfulster2スタッド・フランセ×アルスター 24-19

既に敗退が決まったスタッド・フランセは、31日のペルピニャンとの大一番をにらんで主力温存モード。スラネスリ戦でももを痛めたエルナンデスはお休みで、10番はボクシスです。
前半15分くらいまで、パリはほぼ自陣でプレーしてたよーな気がしますが、後半に入って(またドミニシの雷が落ちたと思われる)流れが良くなりました。

54分にパリのファーストトライを挙げたレギサモンは攻守にわたって貢献。77分にTop14への適応にちょっと苦労していたガスニエがトライを挙げた時には、ラグビーには珍しくチームメイトが集まって祝福するシーンもありました。(画像)
センターのバスタローはタックルも強烈。リエヴルモンはシックスネイションズの間にまだサプライズがあるかもしれないと言っているけど、彼呼んでみる?

スタッド・ジャン=ブアンには、いつもサンドニの代表戦で絵を描いてるおじさんも来ています。こじんまりとしたスタジアムだけど、ここからの中継は、見た限りではいつもいい雰囲気。
ラグビーが一番人気のトゥールーズでは、スタッド・アーネスト=ワロンの観客は情熱的でピーピーも賑やかですが、パリのジャン=ブアンは対戦相手のプレイスキックの時はまあまあ静か。パリはサッカーファンとラグビーファンが棲み分けてるような印象です。
PSGのサポには一部荒っぽいウルトラがいて、昨年ランス戦で「ようこそシュティ(北部訛りの人達)の地へ*」という北部を馬鹿にした横断幕を掲げて大問題になったんですが、スタッド・フランセのファンはこの騒ぎに対し批判的に、「ようこそフェアプレーのラグビーの地へ」という(たしか)横断幕をジャン=ブアンに掲げていました。
*"Pedophiles, chomeurs, consanguins : bienvenue chez les Ch’tis"


試合は土曜の2時頃からでしたが、観客席では完全プライベートモードのベルナール・ラポルトがにやけている。前の週にはクラブ上層部のゴタゴタで揺れるPSGの試合に来て、ヴィルヌーヴ会長の隣でえらく難しい顔をしていたけど。
いわく、「私にはラグビーが足りないのだ」

昨年はエリゼ宮のガーデンパーティーでラシダ・ダティ法相といちゃいちゃしてたら*、最近出産した彼女の赤ちゃんのパパ疑惑をかけられた。もちろん否定してたけど、政治家になっても相変わらず軽いのよね。
 * http://jp.youtube.com/watch?v=UaQ_cGGJKX8


チャレンジカップはブリーヴに続いてブルゴワンがクォーターファイナル進出を決めました。
Les quarts de finales
London Irish (ANG) - Bourgoin (FRA)
Northampton (ANG) - Connacht (IRL)
Saracens (ANG) - Newcastle (ANG)
Worcester (ANG) - Brive (FRA)

|

« ハイネケンカップ・ラウンド6 (1) 勝負はお天気次第 | Main | 月曜の会見から »

Comments

あ、ピンクのサンタ帽ですね。欲しかったんですけど当たりませんでした(笑)
ラポルトは政治家として驚くほどしっかり仕事しているようですが、ラグビーの場に帰ってくると本当に嬉しそう。こないだなんて、ハーフタイムにゲストとして解説席に登場。その後、しゃべり続けて最後までいましたよ!
なんだか、かわいらしく見えてくる。。

ジャン=ブアンの客は熱狂とはほど遠くて。クラブの方針でブーイングはしない礼儀正しいファンですが、寡黙なおじさまやユルい応援団のおかげで、とってもおとなしいのです。
ただ、最近、PSGが強すぎて面白くないのか(笑)サッカーファンの若者が足を運んでくれるようになっていますよ。いろんな意味で楽しみですね♪

Posted by: machvili | 2009.01.28 at 08:20

あの帽子、抽選なんですか?ちょっと欲しいですhappy01

ラポルト、ちゃんと仕事してるんだ…!ストレスたまるのか、サンドニやジャン=ブアンに来ると、政治家や元監督の顔じゃなくなっちゃってますよね。ユルユルで。この間レキップで「スタッド・フランセは私の心のクラブ」なんて話してました。

>その後、しゃべり続けて最後までいましたよ!

ラポルトww それ見たかったですー。
ジャン=ブアンからの中継って、まだ2、3回しか見ていないけど、何となく家族的な雰囲気に見えました。
お客さんは多くないけど、ずっとラグビーを見続けているようなおじさんや、選手の奥さん達やマックスや、あとガルティエが解説だったり。ほんとに礼儀正しい感じですよね。ラグビーフォーラムでもそんな感じ。ブルジョワ層が多いのかな…

>サッカーファンの若者が足を運んでくれるようになっていますよ

そうなんですか!でもちょっと分かります。パルクでも荒っぽいサポは一部だけれど、サツバツとする時はサツバツとするから…。
私自身もサッカーのモラルや敬意の無さにちょっと疲れてラグビーを見始めたのです。あの熱い雰囲気も好きなんですけどね。

Posted by: つき | 2009.01.29 at 00:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/43864114

Listed below are links to weblogs that reference ハイネケンカップ・ラウンド6(2) :

« ハイネケンカップ・ラウンド6 (1) 勝負はお天気次第 | Main | 月曜の会見から »