« ワラビーズ戦のスタメンです | Main | シャバル最強伝説 ファースト・コンタクト編 »

2008.11.18

プチ・ナポレオン帰還か

Pichotjoieこれもミディ・オランピックソースだけど、仏大統領と同じあだ名を持つ男、アグスティン・ピチョットが来季スタッド・フランセに帰ってくるかもしれないとの情報です。話し合いはかなり進んでいて、合意間近じゃないかというんですが、ピチョット現在34歳、これは選手としての契約…ということでいいのかな?

|

« ワラビーズ戦のスタメンです | Main | シャバル最強伝説 ファースト・コンタクト編 »

Comments

ピチョット、好きだけどいらないです(笑)
代わりにフィヨルを返してください!

Posted by: machvili | 2008.11.18 at 20:06

ピチョットがいるといろんな意味で面白いけど、年齢的にちょっとキツめですよね。しかも彼この半年ブランクあるし、ち、ちょっと太っ…
フィジカルは多少落ちても経験でカバーできる人だとは思うけど、もしかすると選手として来るんじゃないのかも。フロントとか、アンバサダーとか。決まったらエルナンデス残ってくれるかな。

ただこの記事、あまりにも採り上げてるところが少ないので、MIDOLの飛ばしのヨカン…

フィヨル、ラシンで頑張ってるんでしょうか。彼も代表で見たい選手なんだけど…

Posted by: つき | 2008.11.19 at 11:44

ピチョットとマックスが会ったのは本当らしいですよ。今回だけはミドルもまったくのガセではないとはいえ、選手契約のためとするのは無理がありますかね?

そうそう、エルナンデスはちゃっかり契約を更新していたみたいです(笑)パリセもあと数年いるらしいですし、なんだかんだいって、パリは選手たちに愛されてますね。

Posted by: machvili | 2008.11.19 at 20:21

やっぱり会ったんですか!出てった時のことを考えれば、それだけでもかなりの進展かも…。MIDOLってたしかトゥールーズのデペシュが出してるんですよね?どこまでパリのクラブの内情に詳しいのかギモンで、選手契約の話かどうかにはちょっと半信半疑…。でも気になるニュースです。

>エルナンデスはちゃっかり契約を更新していたみたいです
最近?彼、結局何年までの契約になったんでしょう。パリセの契約延長もよかったですよね(まあ彼女もこっちにいるし!)
スタッド・フランセはハデで革新的なイメージが強いけど、実際はよきラグビーの精神の残ったクラブという気がしてます。いいクラブですよね!

Posted by: つき | 2008.11.20 at 16:33

2人とも、2011年までのようです。
http://www.stade.fr/actualite/article/view/7111
そのうち公用語がスペイン語になるのではないかと…。

ミドルのパリに対する態度に胸が痛むことが多々あるので、あまり読まないようにしてます(笑)
そういう意味でも、マックスを中心にスタッド・フランセはよく戦ってると思いますよ。

Posted by: machvili | 2008.11.20 at 20:20

ありがとうございます!よかったー、これでひとまず安心ですね。

>ミドルのパリに対する態度に胸が痛むことが多々あるので

いろんな事情があるんでしょうけど、それにしてもトゥールーザンの首都への敵愾心は、ラグビー的にはちょっとぎりぎりな気がしてます。まるでベロドロームのマルセイエだよ、と思ったり。
PSGもだけど、パリのクラブの不幸なところは、パリにあるプレスが必ずしも味方じゃないことですよね。その意味ではMIDOLはやっぱり体質的には地方誌なんじゃないかと思います。あれをフランスを代表するラグビージャーナリズムと一概にとらえていいものかと…

Posted by: つき | 2008.11.20 at 23:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/43155085

Listed below are links to weblogs that reference プチ・ナポレオン帰還か:

« ワラビーズ戦のスタメンです | Main | シャバル最強伝説 ファースト・コンタクト編 »