« ○ゲとボイン | Main | 世界の自転車切手 ドイツ連邦共和国 »

2008.10.21

追記とそのほか

・いいかげんなこと書いてもいけないので、シャバル出演予定映画について、もうちょっと詳しく書いてある記事を読んできました。
第二次世界大戦中の実話にインスパイアされたクリスチャン・ギオン監督の長編映画だそうで、ピレネーの対独レジスタンスとドイツ軍の戦いが描かれるそうです。マキですね。シャバルの役はラグビーフランス代表の元主将。主役じゃないかもしれないけど重要な役なんだって。クランクインは来年5月。

・ナレは大丈夫。膝の捻挫は軽傷だそうです。

・アルゼンチンのラ・ナシオン紙は、プーマスの新代表監督Phelanを補佐するために経験豊富な人材を探しているアルゼンチンラグビー協会が、現在フリーのガルティエをカウンセラーとしてスタッフに迎えるのではないか、と報じている模様です。

Galthie

|

« ○ゲとボイン | Main | 世界の自転車切手 ドイツ連邦共和国 »

Comments

ついに銀幕デビューですか・・。
昨年のRWC前のシャバルに対するメディアの熱狂的な取り上げ方を考えるとハリウッドの超大作アドベンチャーを想像していまいがちですが、なるほどそのような深い役柄がガルティエではなくシャバルにオファーが来るのですね。

ちなみにRugbyZoneというネットの有料配信(ご存知ですか?)でセール対マンスターの前半のまた前半をチェックしたのですが、2列目スタートのシャバルはキックオフからいきなりアクセル全開でした。
最初からこのテンションならそりゃ肩も痛めるだろう・・という感想です(笑)

映画ネタでフランス国内のシャバル熱を再燃させた後に満を持してパリに移籍。
ユリやカスティーユのマイヨを身にまとったピンクのシャバルが見られるなんていうシナリオは出来過ぎでしょうか?
そうなれば代表に選ばれるかどうかなんていうのは私にとってどうでもよい話になりそうな気がします・・。

Posted by: シャベル | 2008.10.22 at 00:34

ついに映画スターですよ~。

>超大作アドベンチャー
私も一瞬そっち系かと思いましたよ。もしくはベッソンあたりが撮りそうなアクション・サスペンス。舞台が第二次世界大戦中ということで、何の役?と思いましたが、レジスタンス映画ということで納得です。
フランス人は自由のために戦うテーマが好きですね。ラグビーもちょっとそんな感じ。

あ、セール対マンスターご覧になられたのですか!私はどうも有料配信のことはよく分からなくて、つい慎重になってしまいます。いろいろ見られるのでしょうか。お手間でなければまた契約方法など教えていただきたいです…
シャバルはスクラムで力使ってなおかつそのインパクトとは…オソロシイ。

>ユリやカスティーユのマイヨを身にまとったピンクのシャバル
そ、それは激しくグッときますね…。ワイルドなルックスですけどユーモアのある人だから、ああいうのも意外とこなしてくれそうな気がします。ただ彼は静かな生活がしたいようなので、パリのような騒々しい町は向いていないのかも。家族と落ち着いた暮らしができて、できれば№8でプレーできるところ…どこに帰ってくるんでしょうね?

Posted by: つき | 2008.10.23 at 13:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42860653

Listed below are links to weblogs that reference 追記とそのほか:

« ○ゲとボイン | Main | 世界の自転車切手 ドイツ連邦共和国 »