« 家庭の事情 | Main | I LOVE ** »

2008.10.24

クラシコ恒例前夜祭

【しつこく「ハイネケンカップを見ましょう」】
10月24日 (金) 22:00 - 24:00 アルスター vs. スタッド・フランセ J sports Plus
(再放送)
10月26日 (日) 18:10 - 20:00
11月06日 (木) 17:30 - 19:30

Jスポのサイトでご確認ください。そういえばラウンド2のグラスゴー対トゥールーズの試合のことを書こうと思ったら、放映カードがそのグラスゴー対トゥールーズに差し替わってました。うひゃ~。気づくのが遅れて結果バレしなくてよかったよ。


Gasnierstハイネケンカップの更新ではちょっと疲れたので、今週末はやっとリーグ戦かー、と思っていたら、土曜にスタッド・フランセ対スタッド・トゥールーザン@スタッド・ドゥ・フランスのビッグマッチがあったんでしたそうでした。

2005年にスタッド・フランセがパルク・デ・プランスに会場を移してこの“クラシコ”を開催して以来、トゥールーズはパリへの遠征に主力を休ませる選択をしています。今季もまた、トゥールーズはいわゆるBチームを送り出すことを決定。
「フリッツとセルヴァは怪我。ケラハーはバカンスを取って南アフリカにいる。他の選手達には休養の必要がある」とのことで、ギ・ノヴェはエスポワールの選手を呼ぶ可能性までも匂わせてます。
あくまでもチーム管理上の問題である、と決定の正当性を主張するギ・ノヴェですが、もちろん「この試合の重要性はモントーバン戦やカストル戦と同じ」と、さりげない挑発で会見を締めくくることも忘れません。

対するスタッド・フランセのマックス・グアジニ会長は、「毎度のことだから慣れた」。試合の4日前ですでにチケット7万5千席分が売れたことに触れて、「トゥールーザンにケチをつけられたにもかかわらず大変いい数字ですな」、てなイヤミを返している模様。どっちもどっちであります。
「スタッド・トゥールーザンの問題は、我々がビッグイベントを行うことに我慢ができないことだ。それを行うのが彼らでない時には、彼らはそれを受け入れられない」。つまりまあ、これはジェラシーによる嫌がらせであるとグアジニは言いたいわけです。

フランスサッカーのクラシコの話をすると、PSGに関しては、OMとのダービーの前に無用な挑発は基本的にしません。死傷者が出るからです。その意味では、ラグビーにまだこういった前哨戦を楽しむ(?)余地があるのはいいことかもしれません。
グアジニがやろうとしているのは、「スタッド・フランセのお祭り」というよりは「フランスラグビーのお祭り」。ラグビーの普及発展につなげる視野があります(トゥーロンのブジェラルに欠けているのは多分ここ)。トゥールーズもまあ、チーム事情が苦しいならやむを得ないけれど、「パリの茶番」などと言わずに釣られてあげればいいのに、なんて思っちゃうのですが。

上の方はそんなこんなで騒々しいですが、現場は落ち着いているようです。Bチームとはいえども、その気になれば2つのチームを作れるほどの選手層を誇るトゥールーズ。ドミニシは、ギ・ノヴェはきっと最高のチームを組織して勝ちに来ると確信しています。
「いい試合をするよう努力するつもりだよ。僕は完全に僕達のチームを信頼している。とても謙虚なチームだ。対戦相手をリスペクトすること、それが大事だ。僕達がこのメンタリティを保っていれば、すばらしいことができるだろう」(ドミニシ談)

|

« 家庭の事情 | Main | I LOVE ** »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42890615

Listed below are links to weblogs that reference クラシコ恒例前夜祭:

« 家庭の事情 | Main | I LOVE ** »