« ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 (1) | Main | ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 アルスター対スタッド・フランセ »

2008.10.17

ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 (ペルピニャン&モントーバン)

Hcup1perpignan(これもJスポ放映カードには触れていません)

【プール3 ペルピニャン 27-16 トレヴィーゾ】
ダン・カーター選手には問答無用でこのコーディネイトでプレーしてもらいます(画像)
厳しくファウルを取られて撃沈したチームもあれば、寛大すぎるジャッジでオフェンシブ・ボーナスを取り損ねたチームもある。ホームにイタリアのトレヴィーゾを迎えたペルピニャン。誰もがカタランのトライ・ショーを予想した試合は、勝利にもかかわらず内容はsans briller。
トレヴィーゾはラックでのジョーンズ主審のゆるいジャッジにも助けられて大いに対抗。ペルピニャンはボーナスポイントをもたらす4トライ目を挙げることができず、序盤にトレヴィーゾに試合の主導権を委ねた(トレヴィーゾが10-0でリード)ツケを払うことになりました。

そんなペルピニャンにとって嬉しいサプライズは、怪我で本職のSOが全滅したため急遽10番で起用されたSHダヴィド・メレの出来。2本のDGとインテリジェントなプレーで勝利に貢献、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれています。

Hcup1montauban2【プール1 マンスター 19-17 モントーバン】
こちらは誰もが惨劇を予想したであろう対戦。欧州覇者レッド・アーミーの本拠地。新しいソーモンド・パークを祝いに来た熱狂的なサポーター。フランスのチームは過去ここで勝ったことがない(らしい)。…どれをとってもハイネケンカップ初出場のモントーバンにポジな要素はありません。
しかしそれゆえのノンプレッシャーか、モントーバンはもう少しで大金星を手にできるところでした。ハーフタイムの直前にマーフィーのトライで10-3とリードされますが、けっしてあきらめず、後半に1トライを返し(57分)、さらにSHミトゥのキックで2度マンスターをリードさえした。オガーラとミトゥの息詰まる蹴り合いは最後まで続き、最終的に勝負を決めたのは78分のオガーラのPG。敗れはしましたが、モントーバンは価値ある1ポイントを獲得しました。

ソーモンド・パークはキックの時スタジアムが静まりかえることで有名だそうですが、そういえばクローク・パークの試合でも同じでした。アイルランドの応援はああいう感じなのかな。
スクレラはむしろクローク・パークのあの静寂が威圧的だったと言っていた。たとえばPSGのサポーターが応援のボイコットをする時、パルク・デ・プランスの沈黙にパリの選手達は縮み上がるらしい。沈黙にはそういった意味もあるということよね。
この試合を観にソーモンド・パークを訪れた観客は23,500人とのこと。

|

« ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 (1) | Main | ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 アルスター対スタッド・フランセ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42817443

Listed below are links to weblogs that reference ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 (ペルピニャン&モントーバン):

« ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 (1) | Main | ハイネケンカップ08-09 ラウンド1 アルスター対スタッド・フランセ »