« ちょっとブエルタ日記 | Main | Top14第3節 »

2008.09.11

ルージュリー離脱

Top14finale08第1節でトゥーロンに敗れ、それからホームでモンペリエに43-20で勝ち、先週末はバイヨンヌに17-6で敗れるという不安定な出だしのクレルモンにまたも悪い知らせ。首の痛みでバイヨンヌへの遠征を外れていた主将のルージュリーが、手術を要する頸部のヘルニアと診断され、約3ヶ月の離脱です。11月の代表のテストマッチにももちろん間に合いそうにありません。

ルージュリー本人は、手術は妥当な判断だと考えています。痛みはもう何週間も続いていて、メディカルスタッフの尽力でだましだましやっていたけれど、痛みはますますひどくなり、眠ることさえできなくなった。いつもラグビーのことばかりを考えてはいられない、と。さらにルージュリーは、「リーグの他の選手達と同じように、過密なスケジュールはこの痛みと無関係ではないかもしれない」と問題提起もしています。
もし以前に喉に負った重傷の影響があるんだとしたら、それも心配。

昨季のTop14決勝でトゥールーズに敗れた時の彼の沈痛な表情は、普段冗談ばっかり言っている陽気な選手なだけになおさら痛々しかったものです。2年連続で決勝で敗れたことが、クレルモンのパフォーマンスに何らかの心理的作用を及ぼしているのでなければいいんですが。

ルージュリー自身は、家族と一緒に過ごすのにいい機会だよ、と努めてポジティブに考えているようです。手術は次の月曜に。
Bon retablissement.

|

« ちょっとブエルタ日記 | Main | Top14第3節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42445031

Listed below are links to weblogs that reference ルージュリー離脱:

« ちょっとブエルタ日記 | Main | Top14第3節 »