« ツール・ド・フランスいまさら日記 逃げる男たち | Main | ツール・ド・フランスいまさら日記 「自転車、それは」 »

2008.08.29

Top14開幕

Toulonclermontツールにうつつを抜かしているうちに(私が楽しいので「いまさら日記」は続きます)Top14が開幕してしまったァ。08-09シーズンは、昨季のファイナリストがそろって敗れる波乱含みの幕開けです。以下雑ですすみません。

開幕戦の最大の目玉といえば、やはりトゥーロン対クレルモンの一戦。ボール争奪で優位に立ち13点のリードで前半を終えたはずのクレルモンは、後半にトゥーロンの逆襲に会い16-22で敗れてます。「僕達は40分間だけプレーした、それだけさ。今夜はまだちょっとバカンス気分だったね」とはルージュリー。
トゥーロンは後半開始早々にSBWが初トライ。カンタベリーとの件はお金で決着した模様。開幕前の親善試合では13人制との違い(タックルのやり方とか)に苦しんだようで、rugbyramaのフォーラムでは「SBWは今季何枚カードをもらうでしょうか」みたいなアンケートもやってましたけど、順応は早そう。MOMは若手のマルク・アンドリュー。

同じくアウェイでモンペリエに敗れたフランス王者のトゥールーズは(11-16)、マッチレポートを読む限り明らかな調整不足です。プレーオフを戦ったチームの序盤の出遅れはある程度予想はできますが…

バスク方面に目を移すと、カタストロフな昨季を送ったビアリッツは、ングウェニャの2トライなどで苦しみながらもブルゴワンに勝利(29-22)。SOにトゥールーズから来たクーランが入っていて、キッカーはヤシュヴィリでなく彼が務めているようです。(5PG、2コンバージョン)
そのビアリッツのバスクのライバルであるバイヨンヌは、このオフシーズンに積極的な補強を行いました。開幕戦は昨季の後半に躍進を見せたカストルとのアウェイ戦でしたが、前半に3トライを挙げて27-26で勝利。しかし、実はバイヨンヌは昨季も出だしは好調だったのだ。カストルはこの試合でナレが膝を捻挫して3週間の離脱。イタタタ…

第1節終了時点で、早くもレキップに降格予想を出されてしまったのがランド県の2クラブ、ダックスとモンドゥマルサンです。ダックスはホームで、モントワはアウェイで、それぞれスタッド・フランセとモントーバンに大敗(9-31、37-19)。モントワは8月の半ばに、クラブの財政的な問題でDNACGから補強について警告をくらったりしたのですが、この規模のクラブにとっては厳しいシーズンが続きそうです。
さて開幕早々、遠征に向かうTGVが故障で止まるという縁起でもないアクシデントもあったスタッド・フランセは、今季はラバダンと共に主将を務めるパリセと、新加入のSH、Oelschigのトライなどで初戦を危なげなく勝利。

ペルピニャンは34-18でブリーヴに勝ったものの内容は必ずしもかんばしくなく、多くのチームと同様まだかなりオートマティスムを欠いている、との評でした。ブリーヴは勇敢に戦いましたがラックが問題だったようで、「相手に全部ボールを渡してしまった。これじゃ勝てないよね」と、パリソン。パリソン見たいなー。

Palis0809

|

« ツール・ド・フランスいまさら日記 逃げる男たち | Main | ツール・ド・フランスいまさら日記 「自転車、それは」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42317946

Listed below are links to weblogs that reference Top14開幕:

« ツール・ド・フランスいまさら日記 逃げる男たち | Main | ツール・ド・フランスいまさら日記 「自転車、それは」 »