« ツール・ド・フランスいまさら日記 弾丸小僧の冒険 | Main | 猫のいたころ »

2008.08.11

SBWアフェア

President2そういえばトゥーロン会長のMourad Boudjellal は大抵いつも黒いシャツを着てるような気がする。どこかしらヒーロー・コミック的なところがあるオールブラックス(やシャバル)のイメージはいかにもBoudjellalが好みそうな気もしますが、もちろん彼の漫画オタ的世界観とラグビー的現実の間にはしばしば軋みが生じるわけで、ソニー・ビル・ウィリアムス(以下SBW)の「事件」はメディアのこの夏の連載小説として未だ継続中です。

SBWは結局、先週の月曜にトゥーロンとの1季のオプション付き1年の契約にサインしましたが、オーストラリアの裁判所は彼にフランスでプレーするのを禁じた模様です。一方マイアミでバカンスを楽しんでいたBoudjellalはSBWの加入にご満悦で、「ガスニエがスターとは笑わせる。フランス人は13人制に無知なんだ。正真正銘のスターはSBWだよ!」なんてことを言ってたらしい。
彼は金曜に会見を開いてSBWの件に言及、15人制に移ってウマガのもとでオールブラックス入りの夢をかなえることに決めたSBWの態度を「正直だ」と語っていますが、そういう問題じゃないんじゃ…

「ソニー・ビルはもう13人制でプレーしたくなかったし、もうそこではプレーできない。彼はカンタベリーとまだ3年の契約を結んでいるが、その契約にパフォーマンスについての条項はない。つまりクラブは彼のレベルがどうであれ、彼にサラリーを支払わざるをえないということだ。しかし彼は自分がもはや自己のベストを尽くすか分からないクラブに金を払わせないことに決めた。カンタベリーの問題は選手が他のクラブと契約していることではなく、彼らが契約を尊重できない選手と契約していることだ」

Boudjellalはこのところ囁かれているシャバル加入の噂については、1月にシャバルがセール・シャークスとの契約を延長して以来トゥーロンでは一度も話題に上っていない、馬鹿げた噂だ、と否定。またスタッド・フランセの例に倣って今季はベロドロームでの試合開催を計画しているようで、まずはトゥールーズ戦だそう。今後は徐々に権限を譲ると言っているBoudjellalですが…

|

« ツール・ド・フランスいまさら日記 弾丸小僧の冒険 | Main | 猫のいたころ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42135832

Listed below are links to weblogs that reference SBWアフェア:

« ツール・ド・フランスいまさら日記 弾丸小僧の冒険 | Main | 猫のいたころ »