« スタッド・フランセ今季の新作 | Main | いまさら日記寄り道 自転車とラグビーとドーピングの話 »

2008.08.25

ツール・ド・フランスいまさら日記 恐怖の超級

名菓ひよこ!

Hiyoko_3

ねこ!

Nekoyama

(ほんとに「猫の頭」と呼ばれてる山です)

即時性ゼロ、今アルプス。
座った目でぐいぐい集団を引くカンチェラーラは恐ろしい。涼しげな顔立ちのシュレク弟が、ライバルを振るい落としながら時折笑っているかのような表情に見えるのも恐ろしい。
ツール前半にお茶の間を揺るがす放送事故があったロットですが、エヴァンスのトイレタイムなんぞで手厚くアシストしてる場合なのだろうか。アシストするのはそこじゃないんじゃなかろうか。


【ツール都市伝説】
第16ステージの2つめの超級、ボネット=レストフォン峠でアタックをかけたオーガスティンが、下りのコーナーでコースアウトして自転車もろとも崖下に転落。
後から来たエヴァンスも、まさに同じ場所であやうくオーガスティンの後を追いそうになりましたが、その路面には、赤いスプレーで"RICCO"と書かれていたのだ…

【コロンビア受難の日】
第17ステージではコロンビアのヒンカピー、ハンセン、アイゼルが相次いで落車。「ヒンカピーはめったに落車しないのに」と解説氏。天狗じゃ天狗の仕業じゃ。やっぱりカヴはチームのラッキーボーイだったんでしょうか。
昨年のわんわん落車で厄をぜんぶ落としたものか、無傷でステージを乗り越えたブルグハートは18ステージで花開く。

Schum【ヴェリトスが1人引きな件について】
クロワ・ド・フェール峠の登りで先頭集団3人からペレスが脱落。ヴェリトス、シューマッハ(なんてスタミナなんだ)の2人でCSCが引っ張るメイン集団から逃げ続けますが、山頂まで7、8キロの時点でヴェリトスの引きが100%だったらしい。
2日連続で逃げをかましているシューマッハに足が残っていなかったこともあるようですが、ヴェリトスだってシューマッハのホラーな後頭部(画像)を見つめながら走るのは相当ツラいはずだ。ヴェリトス逃げて!(逃げた)

実況白戸氏がヴェリトスをヴェリトリスと言い間違えるのが気になって気になって気になってしかたがなかった。おっとシモネタか。

|

« スタッド・フランセ今季の新作 | Main | いまさら日記寄り道 自転車とラグビーとドーピングの話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42263394

Listed below are links to weblogs that reference ツール・ド・フランスいまさら日記 恐怖の超級:

« スタッド・フランセ今季の新作 | Main | いまさら日記寄り道 自転車とラグビーとドーピングの話 »