« 今日のラグビーと自転車 | Main | フランスラグビーとエトランジェのお話 »

2008.08.02

指輪の欄間

祖母や母の頃の古い指輪には、横から見ると石の載っているところとアームの隙間に透かし細工の欄間があります。昔の職人さんは正面から見えないところに凝ったんですね。

今の流行に合わないとか、高さがあるので引っかかって普段使いに向かないといった理由で、当時の仕事がリフォームなどで消えていくのは寂しいことだなあと思う時があります。
昨今はライフスタイルの変化で、住宅に意匠を凝らした欄間を目にすることも少なくなりました。

Ring1

|

« 今日のラグビーと自転車 | Main | フランスラグビーとエトランジェのお話 »

Comments

はぁ~素敵ですねぇ。
自分は宝飾品なんかには全然明るくないのですが、何にせよ昔は今よりも細工が多かった気がしますね。
福岡の天神地下街は、数年前に南へ拡張されたのですが、天井を見ると拡張前部分の細工の方が緻密なんですよー。
新しいモノがなんでもいいってわけじゃないんだなぁ~とか眺めてて思ってしまいます。

Posted by: かけるん | 2008.08.03 at 22:09

祖母と母の持ち物だったんですが、やっぱりなかなかつける機会がなくて、見て楽しむ用になっています。最近のファッションだと、よほど気をつけないと細工の多いものはかえって野暮ったくなったりしますね。

天神地下街というと、あのクラシックな感じの天井でしょうか?目で見ても違いがあるんですねえ…(上を見ていてつまづいたりなさいませんよう!)技術的な問題とか、予算的な問題とかいろいろあるんでしょうね。
切手などでも昔は銅板に緻密に彫刻したもので印刷されていましたが、最近はグラビア印刷主流でずいぶんつまらなくなりました。

Posted by: つき | 2008.08.04 at 18:05

そうですそうです。あの、できた当初は陰気くさいと不評だったのに、年月がたつと雰囲気があって、汚れ目が知れず、古くさくならないと好評になった天井です(笑
目で見ても、明らかにパターンの細かさと大きさが違うんですよねぇ~。
新しい方は、ほとんど同じ単調な模様の繰り返しで・・・。
新しいものもよいですけど、ふと後ろを振り返ると今にない良さが見えてきますねぇ。
それもまたおもしろいっちゃおもしろいんですけど。

Posted by: かけるん | 2008.08.04 at 22:53

前にTV(だったかな?)で見たんですが、少し照明が暗い感じでムードがあって、一度見に行きたくなりました。確かに古くならないデザインって大事ですよね。新しいものには新しいものの良さがあるけれど、コンセプトが先走って、一時期のポストモダン建築とか今見るとヒサンなものって結構ありますもん。
それにしても日本の技術は心配です。今の紙幣を見た時、結構がっかりした記憶がありますが…

Posted by: つき | 2008.08.05 at 16:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/42041935

Listed below are links to weblogs that reference 指輪の欄間:

« 今日のラグビーと自転車 | Main | フランスラグビーとエトランジェのお話 »