« テストマッチ1戦目終了~ | Main | アイ・ニード・サム・センチメンタル・ハイジーン »

2008.06.30

南北テストマッチ オーストラリア×フランス(シドニー)

Paliessai今季のTop14決勝はトゥールーズが20-26でクレルモンを破って優勝。シーズンを通して結果を出したクレルモンにはちょっと気の毒な幕切れでした。(プレーオフという制度には今ひとつ慣れない)
ともあれTop14の長いシーズンはこれで終了。今季、ワールドカップのためにリーグの開幕が遅れたことはさまざまな影響を与えましたが(たとえばハイネケンカップ序盤の調整不足や)、シーズンの最後に押せ押せのスケジュールの余波をまともにくらったのが、豪州でテストマッチを戦う代表のコーチングスタッフです。

リーグのセミファイナリストを欠いたフランスは週末、34-13でワラビーズに破れましたが、リエヴルモンの監督就任以来多少のことでは動じなくなったメディアは(私も)、おおむね最初から「このメンツで勝てれば奇跡」くらいの見方だったこともあり、大敗にもかかわらずむしろ試合のポジティブな面を評価しています。

前半のフランスのディフェンスはとてもよく機能しました。フランスはシックスネイションズの後にディフェンスの強化を方針に定めていたので、これは一定の成果が上がったということかもしれません。(そういえばコーチ陣の顔ぶれにアルゼンチンのゴンサロ・ケサダが加わったようで、彼はキックを指導しています)
前半は10-6。ワラビーズが36分のギタウのトライなどで4点をリードして折り返し。

しかしさすがにシーズンの疲れを抱えてワラビーズの攻撃をしのぎきるのは難しかったようで、前半の消耗のツケは後半の初めに表れました。フランスは43分、46分に立て続けにワラビーズの2トライを許し、さらに61分にはトライユがパスをインターセプトされてやすやすとトライに持っていかれます。
フィジカル的に限界と見たフランスのスタッフは、50分を過ぎるあたりから次々と交代の札を切り、ベンチの全員を投入。そして入った選手達が有望なパフォーマンスを見せました。特にSHのTILLOUS-BORDES 、フッカーのケイゼル、センターのラクロワ。そして66分にはこの日チームに活気を与えていたパリソンが、トランデュック(ボイエが下がったためSOに戻った)からパスを受け、厳しいタックルを受けながらもポスト脇にグラウンディング、初キャップにして初トライを挙げます。

この試合の前には191 cm 103 kgのトゥキリとの体格差マッチアップが注目されたパリソン。まだ若い彼はrugbyramaの記者の「対面のトゥキリのパワーを恐れていますか?」という質問に、「いえ大して。僕が思うにトゥキリの弱点はラックゾーン周辺での注意力不足とキックゲーム時のポジショニング」、なんてつい素直に答えて、それが英語圏でも大きくニュースに取り上げられたりしました。
彼の大胆とも思える発言はもちろん、自分に言い聞かせる意図でもあったようです。パリソンは試合後に、「20歳でメディアのプレッシャーを経験するのは簡単じゃないし、ちょっと当惑してしまった。そのことは考えないように努めた」と話しました。
トゥキリは早い時点で負傷して下がったため私は両者の対決を見そびれたのですが(夕飯作ってました)、パリソン君はプレッシャーを結果に変えることができたわけです。リエヴルモンは試合後、「結果には何よりもまず失望を覚えている。ワラビーズは世界最高のチームの1つだ」と完敗を認めながらも、満足な点としてパリソンとアリノルドキのパフォーマンスを挙げました。

シャバルはこの試合は期待ほどには目立たなかったかも。ワラビーズの1トライ目は派手にかわされちゃった。ダイレクト&フィジカルなオレ流ラグビーが身上のシャバルとしては、2列をやってスクラムでガソリンを食うのが若干のジレンマらしいです。
ブリュノに代わったケイゼルのスローは、ディミトリ師匠のアレを見慣れた目にはかなりまともに見えた。ケイゼルはスタッド・フランセでのスザルゼウスキとの競争を避けて昨季からレスターに移籍した選手ですが、フッカーに関してはそろそろ若い選手達にゆだねても大丈夫かな…

なお、試合中に危険なタックルで負傷したエロルガとフォールは、2戦目を棄権することになりました。

|

« テストマッチ1戦目終了~ | Main | アイ・ニード・サム・センチメンタル・ハイジーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/41693922

Listed below are links to weblogs that reference 南北テストマッチ オーストラリア×フランス(シドニー):

« テストマッチ1戦目終了~ | Main | アイ・ニード・サム・センチメンタル・ハイジーン »