«  もうですか | Main | 笑いと90年代 »

2008.04.12

 移籍報道過熱気味

Daxsf来季の移籍話が紙面を賑わす時期になりました。スクレラのトゥールーズ行きとか、ガルティエがクラブを去るのではないかとか、マルコネとレミー・マルタンがバイヨンヌからアプローチされてるらしいとか、大変革が予想されたスタッド・フランセですが、ここへ来て怒涛の契約更新です。マルコネ残ります。2011年までパリジャンです。今季で契約が満了するブラン、ボクシス、ビュルバン、ラバダンもそれぞれ2年延長。ロンセロとスザルゼウスキは2012年まで契約を延長しました。(あと4年あのセクハラスクラムが見られるわけですね!!!)
スクレラがトゥールーズ行きを決めた時、チームメイトの中にはそれを理解してくれた人もいればあまりよく分かってもらえない人もいた、と彼は語ってました。今回延長を決めた中に、その「あまりよく分かってもらえない人」がいるのかは分かりませんが、プロラグビーの世界にクラブへの愛着といったもののいくばくかが残っているのはよいことだ…

一方コーチングスタッフに関しては、噂されるガルティエの辞任がますます現実味を帯びています。本人は言及を避けてますが。レキップは、近々パリを訪れるだろうマッケンジーがガルティエの後任の本命だと改めて報じました。現FWコーチのランドローはおそらくガルティエと道を同じくするだろう、ということで、シーズン後の現役引退が予想されるドミニシがスタッフ入りしてマッケンジーと組むのではないかとメディアは見ています。実際ドミニシは将来的にやる気満々です※
(※「興味はある。事実そのことでマックス達と話し合った。今、僕には決断したいという思いが強くある」)
私はマッケンジーがどういったラグビーを志向するコーチなのかはよく知らないのですが、現役時代に2シーズンフランスでプレーしたことがあるそうで、フランスラグビーのことはよく知っているのね。

そのスタッド・フランセ、昨夜はダックスのホームで、カマラ、パリセのトライとエルナンデスのDGでキワドく勝利を収めてます(9-13)。主将は契約延長を決めたばかりのマルコネたんでした。ディミトリが帰ってきたよ。

|

«  もうですか | Main | 笑いと90年代 »

Comments

つきさん、こんにちは。
楕円の世界も、行く日と来る人のシーズンは紙面(もしくはweb面)が騒がしくなるのですね。
私としては、社長とディミトリさんが双方合意の上で関係を続けられることにしたことを嬉しく思う次第です。(笑)
少し前にアルゼンチンのラグビー関係Webで社長のインタがあり、そこでも社長はスタッド・フランセでの選手生活には満足しているようなことを話していました。
エルナンデスはどうするんでしょうね?そのインタではエルナンデスがイギリスに行きたがっていることについて意見を求められて、「彼はなによりもまず”友達”だから、本人が行きたいなら快く送り出したい」ってなことを言っていましたが。

ところで、最近、コルレト様(なぜ様付けしているのか自分でも分かりませんが、なんとなく収まりがヨイので)がベンチにも入っていないようなんですが、故障中なのでしょうか?weep 何かご存知ですか?

Posted by: pata | 2008.04.13 at 17:15

こんにちは、ラグビーはさすがにフットほど出入りの激しさやお金の動きはないですよね。契約をまっとうしてから他に行く選手が多いような気がします。

>そこでも社長はスタッド・フランセでの選手生活には満足しているようなことを話していました

そうでしたか!社長は最近主将を任されたりもしてたので、残ってくれるハズ!と信じてました。エルナンデスの話はフランスでは最近はさほど話題になっていませんが、それは既定路線ってことなのか…

>コルレト様
チェックしそびれてました…エルナンデスがFBに入ってますね。少し前に公式のフォーラムにアルゼンチンのファンと思われる人が、「彼は怪我?契約の交渉?だれか教えて!」みたいな書き込みをしていたんですが、レスはついてなかったような…どうしたのでしょう。
試合の前には怪我人情報が載りますので、また見てみます。

Posted by: つき | 2008.04.14 at 20:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  もうですか | Main | 笑いと90年代 »