«  La vie parisienne | Main |  兼任コーチその後・また就活編 »

2008.03.22

 地獄へまっしぐら

DboyDanny Boy - Cait O'Riordan
http://www.youtube.com/watch?v=e96nVYdYQPA

先日のエントリ(タイトル、ほんのちょっとクラッシュのアルバムにひっかけてみたんですが)の中で書ききれなかったことを少し。上の動画はそのアレックス・コックスの大娯楽カルトムービー『ストレート・トゥ・ヘル(Straight To Hell)』(87年)の中で、ケイト・オリオーダンがアイルランドのトラディショナル・フォーク『ダニー・ボーイ』 を歌う場面です。

今は亡きジョー・ストラマーですよ…。カメラがずーっと引くと、『最後の晩餐』の典型的構図になっていますね。テーブルについているのも13人…かな?(レオナルド・ダ・ヴィンチの名画にも背景に3つの窓が描かれているけど、あれは聖三位一体の象徴という意味合いがある)
そしてこの「晩餐」のシーンはまさにラストの「地獄へまっしぐら」な大銃撃戦を暗示しているのよね。

銀行で大金を強奪して逃走中の殺し屋3人組にサイ・リチャードソン、ジョー・ストラマー、ディック・ルード。サイの女房にコートニー・ラブ、町を牛耳るマクマホン一家のチンピラにザ・ポーグス、一家の執事にエルヴィス・コステロ。さらにデニス・ホッパー、ジム・ジャームッシュ等々キャストは豪華といっていいのか異色といっていいのか言葉に迷う。
コックスはポーグスやストラマーといった非俳優の演技に懸念を抱いていたそうだけど、ほぼ地で行く配役なので特別問題ないです。(むしろポーグスのシケたチンピラぶりなどは圧倒的ホンモノ)

マカロニ・ウェスタンとフィルム・ノワールへのパンキッシュなオマージュともいうべき本作は、内輪の悪ノリと取られても仕方ない面もありますが、コックス自身は「人生で最も楽しんで最も純粋に作った作品であり一番愛しい映画だ」と語っていて、それはそのとおりだと思う。


『ストレート・トゥ・ヘル』のストーリーは、結局すべてはいきなり躁状態で現れ風のように去ったアメリカの石油王(デニス・ホッパー)の手のひらの上、という皮肉な結末なのですが、パンク・スピリットを貫くイギリス人であるコックスはその次作として、1850年代にニカラグアに遠征して自ら大統領に就任し独裁者となったアメリカの黒歴史、ウィリアム・ウォーカーの半生を描いた『ウォーカー』(87年)を撮ります。
この映画の中に時代考証を無視して現れる現代アメリカの風俗やラストで飛来するヘリコプター部隊は、アメリカの軍事干渉が決して過去の出来事ではないことを暗示しています。

つまりコックスは『ウォーカー』でレーガン政権のニカラグアへの干渉を痛烈に批判してハリウッドに喧嘩を売り見事に玉砕するわけなんだけど、彼の映画は私にとってはタランティーノのそれよりも「愛おしい」。

|

«  La vie parisienne | Main |  兼任コーチその後・また就活編 »

Comments

>タイトル、ほんのちょっとクラッシュのアルバムにひっかけてみたんですが
なるほど~。実はうちのブログタイトルもそうなんですよwいや、勢いでですが。
『ストレート・トゥ・ヘル』とか、コックスの映画は悲しいことに田舎じゃ見られないんです。この話題で何だかそういう映画に飢えてた当時の青春を思い出してしまいました。勢いあったなーと思います。今はヘロヘロ…猫にも引っ掻かれる始末ですcat

Posted by: minaco. | 2008.03.23 at 02:17

そうかあのタイトルには3重の意味があったのですね!
当時アメリカがサンディニスタ政権の対抗ゲリラに武器を流して内戦を長期化させていて、コックスは音楽担当のストラマーと組んで、それを「ウォーカー」を通して批判したのですよね。これでハリウッドから締め出されてメキシコで映画を撮ったりしたのだけれど、コックスのそういうところは好きです。どれをとってもB級くさいのであんまり胸を張って勧められないけれど、機会がありましたら是非。
なにげにコックスやサム・ライミがその後の映画界に与えた影響は大きかったのではないかと思ってます。

Posted by: つき | 2008.03.24 at 18:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  La vie parisienne | Main |  兼任コーチその後・また就活編 »