«  Encore en construction ─シックスネイションズ最終節 ウェールズ×フランス | Main |  La vie parisienne »

2008.03.19

 「お祭り」を前に

新生ウェールズで1つだけ残念な点を挙げるとするなら、アダム&ダンカン・ジョーンズがお揃いでなくなっちゃったことでしょうか。あとヘンソンの髪型はものすごく微妙だと思う。

さてワールドカップからハイネケンカップ、シックスネイションズと息つく暇もなかったけれど、私もここらで一区切りできるかな。今日はつい更新のタイミングを逃していたスクレラのトゥールーズ行きの話などを。これは正確には移籍でなくスタッド・フランセとの契約の満了で、来季から3年間スタッド・トゥールーザンで父ジャン=クロードと同じカラーを着ることを本人が公式に認めたそうです。
トゥールーズがスクレラにアプローチしているというニュースが最初に出たのは昨年のオフシーズンのことですが、彼はそれ以降トゥールーズ幹部の熱心な誘いに心動かされたようです。決断の理由はまずトゥールーズが高い目標を掲げる名門クラブであるというスポーツ上の選択。そして彼と奥さんの家族が故郷のトゥールーズにいるというプライベートな事情のためだとのことです。金銭面の選択についても彼は包み隠さず語ったようですが、そこはプロスポーツだから…。「キャリアの終わりには生まれ故郷に帰るつもりだったし、今がその時だと思った」(スクレラ談)

プロスポーツにはつきものとはいえ、こういった別れはいつでもファンには寂しいものです。トゥールーズはスタッド・フランセの最大のライバルクラブでもありますが、フランスのスポーツをしばしば複雑にするのが首都と南部の対立です。もちろんラグビーの世界でPSGとマルセイユのようなことは起きないだろうけれど、難しい選択であることにかわりはないんじゃないかな。さらにことを複雑にしているのは、シャークスでプレーしているミシャラクが、南半球での冒険の後でトゥールーズに戻りたがっていることなんですが…


Rafaそのスタッド・フランセとトゥールーズのラグビーのお祭りが土曜にスタッド・ドゥ・フランスで開催されます。とはいえ両チームとも代表選手の多くを休ませることになりそう。恒例のマックス・グアジニ・プロデュースのアトラクションは、ラファエル(画像)のミニコンサートなどが予定されてます。
そういえば今月の初めに、フットボールのリールOSCとオランピック・リヨネーのリーグ戦が初めてスタッド・ドゥ・フランスで開催され、77850人のリーグアン動員記録を作ったそうですが、やはりポンポンガールのショーやコンサートといった演出で盛り上げたこの試合について、リールの会長は「マックス・グアジニのラグビーの冒険にインスパイアされた」と語ってました。

リールはインターナショナルなスター選手が顔をそろえるビッグクラブではないのですが、近年は欧州でも結果を残すなど実力のあるクラブ。ホームスタジアムの老朽化のためあちこちのスタジアムを借りて試合を行っていますが、05年のCLベンフィカ・リスボン戦ではやはりスタッド・ドゥ・フランスで国内の欧州カップ動員記録を打ち立てているそうです(76184人)。
それで思い出したんだけど、昨季CLのリール対マンチェスターUの中継で、プレミアリーグのファンであるらしい解説者が、(気の効いたジャーナリストならフランス北部のフット事情みたいな話になるだろうところを)、「(スタジアムいっぱいの観客は)マンチェスターのファンが大勢いるんじゃないですか?」なんて嘲笑まじりにしゃべっていて呆れ果てたことがある。もうね。

|

«  Encore en construction ─シックスネイションズ最終節 ウェールズ×フランス | Main |  La vie parisienne »

Comments

詳しいですね(^_^)

ワールドカップのスクレラを思い出すと可哀想でしたが
故郷で花咲かせて欲しいです!

Posted by: BAN | 2008.03.19 at 16:56

今晩は。ご無沙汰です。
6ネーションも、終わりましたね。Jスポでは、3試合連続の放送ですが、我が家は、306が映らないので、イングランドのみ、録画で見ました。
まあ、金髪の彼がいないので、淋しいなぁと思いながら。代表へ来ると怪我するのは、なんとかして欲しいけど、イベントには、引っ張り出されていますのよ。まあ、イングランドのメンバーの中では、綺麗どころですしね。

そして、週末は、スーパー14です。
先程まで、ごひいきのクルセーターズを見ておりました。今日も勝って負け無しの5連勝です。
昨日は、ミシャラクさんのシャークスをやっと、録画できたので、見ていました。
ミシャラクさんは、ベンチスタートですが、出場をしても、あの金髪頭を探してしまい、あれ?どこ?
ミシャラクさん、まだ、フィットしないのですかね。


Posted by: mikolady | 2008.03.21 at 19:19

BANさんはじめまして、コメントありがとうございます。
ワールドカップもこの間のウェールズ戦もそうでしたが、スクレラは多少繊細なところがあるのかもしれませんね。家族や昔からの友達がいるトゥールーズでプレーする方が彼にとってはいいのかもしれません。

Posted by: つき | 2008.03.21 at 21:24

mikoladyさん

私はどうもイングランドのプレースタイルになじめなくて、日頃フランスと試合がある時しか見ないのですが、その意味でもイングランドの若いBKには頑張ってほしいです。

スーパー14は私が見たのは画像が荒い中継が多くて、遠目にミシャラクがよく判別できなかったので、金髪になって見分けやすくなりました。でもココットがパスを出さなry
南アフリカも自国のラグビーにプライドがあるでしょうし、北のスターがいきなり行って…というのも難しいのかもしれませんね。まあ、これからかと。

Posted by: つき | 2008.03.22 at 00:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  Encore en construction ─シックスネイションズ最終節 ウェールズ×フランス | Main |  La vie parisienne »