«  シックスネイションズ第4節 フランス対イタリア | Main |  心配なニュースです »

2008.03.15

 フィエスタ! (The Pogues)

FiestaThe Pogues - Fiesta
http://jp.youtube.com/watch?v=Vu_B5BCDJxs


ロンドンのアイルランド系酔っ払いバンド、ザ・ポーグスのご機嫌なナンバー、“Fiesta”(88年)。
このブログに引っ越す前の日記に、もう10シーズン近く前の話になるけどリーガ・エスパニョーラのマジョルカ対バルセロナ(だったかな)でスタンドの楽団がこの曲を演奏してた、という話を書いたことがあります。ビッグクラブ相手に押せ押せのマジョルカ、島のスタジアムの情熱的なサポーターの応援を、楽団がこの曲でにぎやかに景気づけてるところを想像してミテ。

当時マジョルカの監督で※元英語のセンセーの、メガネで小柄なフェルナンド・バスケスが、チームのゴールのたびに狂喜して走り回りガッツポーズを決める姿はとりあえずとってもパンクだったんだけど、そういえば“Fiesta”の歌詞には“I am Francesco Vasquez Garcia, I am welcome to Almeria”という部分もある。(フェルナンド・バスケスはVazquezだけどネ)
考えてみればフェルナンド・バスケスはケルト由来とされるガリシア地方のラコルーニャ出身だそうだから、その点でいうとアイルランドとまんざら無関係ってわけでもない…のかな?
(※ 今まで数学教師だと思い込んでいたら、wikiには profesor de ingles とあった。どっちが正しい?)

この曲はポーグスがアレックス・コックスのバカ映画(でも好き)“Straight To Hell”に出演するため、アンダルシア地方のアルメリア(マカロニウェスタンの有名ロケ地)に滞在した経験にインスパイアされたらしき曲です。
途中に出てくる「キング・オブ・アメリカ(El rey del America)」は、もちろんエルヴィス・コステロとケイト・オリオーダン元夫妻への当てこすりね。

それにしてもラグビーフランス代表戦のスタジアムで楽団の演奏を聞くたび、フランスラグビーってやっぱり南西部の文化なんだなと思ったりします。スタジアムは人生、共に祭りを楽しもう…

|

«  シックスネイションズ第4節 フランス対イタリア | Main |  心配なニュースです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  シックスネイションズ第4節 フランス対イタリア | Main |  心配なニュースです »